人気ブログランキング | 話題のタグを見る

StereoからBalanced Single Monoへ

オーディオの購入後アップグレードは何かとタイヘンなもの。機種によっては真空管交換時はアンプ本体をメーカー(輸入商社)へ戻す必要があったり、例えばKT88でも指定純正品しか対応いただけない場合もあって結局諦めたというパターンも多々伺ってきました。

今回はSV-284D / 211仕様のアップグレードです。依頼主のIさんは2年半ほど前にSV-91BにSV-284Dを追加され、愛機オートグラフを鳴らされてきたのですが、今回Stereo(一台)からBalanced Single(MONO×2台)にアップグレードを決意され、本日機台の準備, 真空管(PSVANE WE211)の選別, エージングが完了しました。
StereoからBalanced Single Monoへ_b0350085_19253874.jpg
エージングはStereoモードで行い、出荷時にBalanced Single仕様に設定を変更します。
StereoからBalanced Single Monoへ_b0350085_19302418.jpg
これが今回追加機台の内部。一台めのカルテを確認し同じ職人さんに仕上げをお願いしました。今回私どもでは一台めの機台をお預かりすることはしておりません。一台め制作の際のカルテで仕様, 特性等の記録が残っているので機台回収の必要がないのです。

梱包重量35kgオーバーのアンプを梱包して高い送料を払って送るのは大変ですし、アンプにとっても大きなストレスです。きちんと記録を残しておくことの重要性を改めて感じています。
StereoからBalanced Single Monoへ_b0350085_19245437.jpg
出荷前の写真を何枚も撮っておきましょう。これら全てが後々の重要な記録になります。あとはデカールを211仕様に張り替張り替えて全て完了です。

211仕様は元々の音色を変えずに下方リニアリティ(ローレベルの再現性)が上がる方向に効きます。Iさんの場合はSV-91B / Western Electric 300B仕様の良さをスポイルせず、オートグラフの音をグレードアップする為の選択としてSV-284Dを選ばれた訳ですが、一台使いからMONO×二台となって更に空間性が向上した表現に進化することでしょう。

久しぶりにIさん宅に伺って音を聴かせていただける日を楽しみにしたいと思います。

by audiokaleidoscope | 2024-04-18 23:59 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio