人気ブログランキング | 話題のタグを見る

由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負

9/30(金)の「真空管アンプ一本勝負」のお知らせです。

これまでもさまざまなハイエンド真空管アンプやアナログ関連メーカーの方にご登場いただき、実機の音を聴かせていただきながら開発ポリシーや製品哲学を語って頂いてきた訳ですが、今回はオーディオファンが多いMUSIC BIRDリスナーさんでもひょっとして初めて名前を聞くという方もいらっしゃるかもしれない「YUKISEIMITSU(由紀精密)」のハイエンドターンテーブル「AP-0」をフィーチャーしました。
由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負_b0350085_11374442.jpg
AP-0 (税別2,000,000円)
由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負_b0350085_11374320.jpg
スタジオに由紀精密の永松 純さんをお迎えして開発者としての想いを伺っています。由紀精密は元々は医療機器, 宇宙関連機器, 航空機部品, 機械式時計部品メーカーとして世界的に認知されている訳ですが、どのようなきっかけでオーディオに参入されたのか…アナログプレーヤー開発の着想はどこから?…などなど直接伺うことが出来ました。

由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負_b0350085_11374472.jpg
フロントビュー。磁場への配慮と機能的なパッケージングを両立したオープンフレーム構造によって不要振動を徹底的に排除しています。永久磁石を活用し水平方向で非接触とした軸受けにより外的振動からプラッターを解放。
由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負_b0350085_11374427.jpg
リアビュー。Q(振動係数)の異なる複数の素材を巧みに組わせ可聴域へのハウリングを防止して理想ターンテーブルを具現化したのがAP-0です。
由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負_b0350085_11374421.jpg
さらに完全新規設計のストレートアームには首振りに抵抗を付与する磁力式ブレーキを導入。ナイフエッジを超えるダブルピンポイント方式を採用して超絶SNを達成しています。
由紀精密”AP-0”(ハイエンドアナログプレーヤー)一本勝負_b0350085_11374494.jpg
33/34/78rpmの3スピードに対応。収録ではスタジオ標準のLUXMANと同じリファレンスソースで比較試聴(カートリッジはいずれもDL-103)。まさに下町ロケットを地で行く由紀精密が生み出したスーパーターンテーブルの魅力をぜひ番組で体験下さい!

AP-0 受注生産品 2,000,000円(税別)

駆動方式非伸縮性糸ドライブ
モーターDCコアレスブラシレスモーター(エンコーダフィードバック)
回転数33 1/3rpm, 45rpm, 78rpm
軸受 マグネットベアリング(磁気反発型ラジアル非接触)
ターンテーブル アルミニウム Φ310mm, 厚み20mm, 重さ4.0kg
トーンアーム形式スタティックバランス型インテグレーテッドピュアストレートアーム
アーム長   240mm(アーム支点から針先までの距離)
オーバーハング値-15mm
アーム高さ調整範囲0-10mm
オーディオ出力端子RCA端子
電源 AC100V 50/60Hz(付属ACアダプター)
外形寸法W560 x H209 x D353mm(レッグ部,突起部含む)
質量 27.4kg
付属品ターンテーブルシート, ドライブ糸, シェル調整レンチ, ACアダプター, 取扱説明書
※ カートリッジは付属しません。


by audiokaleidoscope | 2022-09-28 18:41 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー