人気ブログランキング | 話題のタグを見る

行方(ゆくえ)

年始のポストで「最近心配しているのが世界的インフレに円安が加わっていること。輸入品は価格改定を回避できないと思います」と書いたばかりですが、いきなりその兆候が現れてきたので早めに情報共有しておきたいと思います。

日常業務的に在庫補充(発注業務)日々をスタッフが行っている訳ですが、昨日回ってきた見積書をみて何かの間違いではないかと思ったのがこれ。
行方(ゆくえ)_b0350085_20422983.jpg

現在211/845を量産しているのは中国とドイツのみです(チェコでも211/845名義の真空管は製造されていますがフィラメント定格的に別物で本来は呼称を改めるべきもので除外して考える必要があります)。中国製とドイツ製では10倍くらい価格差がありますので、ほとんどのお客さんがPSVANEをお求めになりますし、元々曙光電子(Golden Dragon)のエンジニアたちがスピンアウトして立ち上げたのがPSVANEですので品質的にも十分信頼に値するものです。むしろ今までが安すぎた、と言えるかもしれませんが…。

昨日回ってきた見積書はなんと直近の調達価格プラス40%です。私どもの場合一回の買い付け数量が多いので前回からある程度時間が経っている部分はありますが、いきなり四割増しはとても受け入れることが出来ません。あるいは何らかの商流が変わった可能性もあるのではと思い、別のルートで相見積りをとるように指示し、その結果が今日上がってきたのですが、ほぼ同額という状況でした。つまり工場出荷額が急激に上がったという訳です。或る意味211/845はPAVANEの独壇場で仕方ない部分もあるのでしょう。

しばらく中国には行っておりませんので現地の物価がどうなっているかまでは分かりませんが、前に書いた通り世界的に物価高が進みつつあることは間違いなく、同時に円安によってPSVANEだけでなく他の輸入品、更に言えば国内調達品についても或る覚悟が必要で今後の行方が心配です。

私どもの今後の進め方ですが、現在やぶ蛇にならないように注意しながら慎重に情報を集めています。突然の価格改定は避けたいところですが製品によって即改定をさせていただくものが出ざるを得ない状況です。国内製品においてもトランス類, シャーシ類が軒並み上がりつつあるのでアンプでも製品によって2/15付で10%ないし20%前後の改定は避けられません。在庫が切れているもの、組立代行等でお届けが先になるもの等についてはご注文時点の価格が有効となりますのでご安心下さい。

私どもとしては可能な限り値上げは避けつつも、決断せざるを得ないものからトップページにてお知らせ出来るようにいたします。たいへんご心配をお掛けしますが、ご了承を頂戴できれば幸いです。



by audiokaleidoscope | 2022-01-12 21:29 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31