ゴン川野が選ぶ二台目真空管パワーアンプはこれだ!

二本目の収録は9/14(金)オンエアの回。今まさに真空管アンプの世界にドップリ浸かろうとしている一人の男性をスタジオにお招きして行いました。
b0350085_15251458.jpg
その方はゴン川野さん(ライター)。昨年SV-S1616D/300B仕様、そして今年SV-Pre1616Dを自作され、その美音に身を委ねる日々…そして多くのオーディオファンがそうであるようにゴンさんに一つの煩悩が頭に去来するようになってきたというのが今回の収録のきっかけでした。”今のアンプは本当に自分にとってベストの選択なのか”…”真空管や形式が変わると音はどう変化するのか”…皆さんと同様ゴンさんにも様々な妄想が…と伺ったのが先日の出前開放日。じゃあ、公開の場で出来るだけ沢山のアンプを聴いて頂いて次なる候補を決めましょう!ということに相成りました。

b0350085_15252652.jpg
今回はリファレンスソース(比較試聴曲)もゴンさんが選定。聴き慣れた曲でチェックする方がより間違いがありません。まずはご自身が慣れ親しんだPre1616D+S1616D/300Bの音を聴いて、そこから様々なアンプに敷衍していく流れです。三極管,多極管,シングル,プッシュ…さらには送信管アンプも交えて総まくり比較できる機会は滅多にありません。
b0350085_15252889.jpg
まず最初はSV-S1616D/多極管仕様。はじめにEL34そしてKT150の音を聴いて頂きました。明らかに300Bと違う音色ですが組立後の300B仕様→多極管仕様への変更、またその逆も可能というところがS1616Dの最大の強みです。多極管ならではのエッジが立ってクリアに変化する感覚…KT150の時にゴンさんが声を出さずとも明らかに反応しているのをTさんも私も見逃しませんでした。
b0350085_15255353.jpg
プッシュプルも聴いてみたいということで続いてはSV-P1616D/多極管仕様。用意した出力管は当初KT88とKT90だったのですが、ゴンさんのリクエストでKT90をKT150に変更。やはりKT150は大きなインパクトがあったようです。
b0350085_15290264.jpg
そして今度はSV-P1616D/300B仕様。現行300Bの中でも最も音の濃く芳醇なPrime300B ver.4で試聴に臨みます。同じプッシュプルでも多極管仕様と300B仕様では描き出す世界がまるで違います。響き豊かで間接音的表現に満ちた包み込まれるような音は300Bプッシュプルでしか得られない世界。アンプのカテゴリーの中は最もレアなパターンですが私どもでは以前から人気のある形式。特にクラシックや女性ヴォーカルファンにお奨め出来る音質です。
b0350085_15292220.jpg
そしてSV-S1628D。211→845と連続して聴いて頂いた訳ですが、ゴンさんは211にも強い関心を示されました。どこが良かったですか?とお尋ねすると”中域の自然さ”という回答だったと記憶しています。その図抜けた存在感と300Bをスケールアップしながらレンジを伸ばした表現で現在グローバルにに注目度が上がっているのが211。対して845はブリリアント&クリア。ハイボルテージ管ならではの浸透力を聴いて納得のゴンさんでした。
b0350085_15294989.jpg
最後に参考出品として聴いて頂いたのがSV-91Bです。同じ300BシングルでもS1616Dの手綱を緩めた寛いだ表現に対してSV-91Bはリリシズムあふれる高いスピーカードライブ能力で収録でも毎回聴く方を圧倒します。同じ300Bシングルでも料理の仕方でこうも音が変わるという経験は実際音を聴かれた方にしか分からないかと思いますが、決して十把ひとからげに”この球はこんな音”と括れないことを多くの方と共有できるのも公開放送の素晴らしいところです。

全てのアンプを聴き終えてずっと集中していた三人が少々疲れ気味なのは一番上の写真を見て頂くと何となくお分かり頂けるかも。単に聞くのではない…音の奥底まで”聴く”ことの面白さと奥深さをお伝え出来ればと思った今回のテーマです。

果たしてゴンさんが選んだ二台目アンプは何か…一番印象に残ったアンプは?と伺うとゴンさんは間髪入れずに”91B”とお答えになりました。次点はSV-P1616D/KT150仕様、そしてSV-S1628D/211仕様が第三位という結果に終わった今回でした。あくまでこれはゴンさんが選んだ結果…いままで何度も”〇〇が選ぶナンバーワン真空管アンプはこれだ!”企画をやってきた訳ですが一度として結果が同じだったことはありません。いつも申し上げているように優劣でなく嗜好…人の顔がみんな違うように好きな音も十人十色。これが毎度申し上げる”音は人なり”です。

ゴンさんは次回のプッシュプルを作ってみたい…と仰っていましたので具体的なターゲットはSV-P1616D/多極管仕様になるのかもしれません。そのプロセスを@DIMEで読める日を皆で楽しみに待ちたいと思います。



by audiokaleidoscope | 2018-07-20 16:29 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31