IさんのTU-8150SV

こういうのをシナジー(相乗効果)というのでしょうか…誰かが何かに頑張っているのを見て知らずに自分もエンジンが掛かっているという。そういうポジティブな影響がモノづくりを通じて拡がっていく感覚を味わえた今日はとても嬉しい一日。

きっかけは2か月ほど前だったでしょうか。いつものように試聴のお申し出をいただいた時、ルーティン的にどのアンプの試聴がご希望ですか?…スピーカーは何をお使いですか?的な事を伺ったらお一人はWestlake BBSM-15,もうお一人はオートグラフとのこと。その昔、某スタジオ払下げのTM-3を使い、ここ10数年はオートグラフと心中している自分としては、もうこの時点でお友達。よかったら第二(試聴室)にいらっしゃいませんか?…とお招きしたのは趣味を仕事にした功と罪…趣味なんだけど超仕事という普通ではあり得ない20年に積もり積もった何かが爆発したからかもしれません。

かくして初対面にて大いに盛り上がった訳で、こういうのを”同好の士”って言うんですよね…なんて感じで楽しいひと時だったのですが、オートグラフをお使いのIさんは私どもが20年間こだわり続けてきた”モノづくり”の歓びに何か感じて頂けたようで試しに一台作ってみようか…ということでTU-8150SVを最近ご注文下さいました。恐らく初めての真空管アンプづくりだったのではないでしょうか。

そのIさんから今日”TU-8150SV出来ました!”というメッセージをいただきました。そこで写真のリクエストをしたところ直ぐにお送り頂きましたのでシェアさせて頂きます。
b0350085_21304194.jpg
これがIさんのオートグラフ。CDプレーヤーはSTUDERの730.プリはマッキンC22,パワーは275ですね。そこにTU-8150SVが加わるという…この価格的ダイナミックレンジの広さがオーディオの素晴らしいところです。

Iさんからは

TU-8150SV、ゴールデンウイークの楽しみのつもりでしたが、道具を買いそろえているうちに我慢できなくなり作ってしまいました。余裕でオートグラフを鳴らしております。
自分で作った音かと思うとマッキンMC275も何もかもどうでもいいって感じですね。
完成の満足感とそれが朗々と鳴る喜びは最高でした。
少しづつ上級機種にも挑戦して手配線にもトライしたいとおもいます。

これぞ創る歓び,使う感動。昨日のYさんもそうですが、この仕事をしていて一番感動するのはこの感動を共有できることです。
b0350085_21304646.jpg
わずか2W/chのTU⁻8150が教えてくれるオーディオの真実。これがSV仕様の6V6になれば更に感動はプライスレス!になることでしょう。
b0350085_21305199.jpg
初めてのアンプ自作にしてこの出来。エレキットの完成度の高さもあるでしょうが、経験の有無に関係なく完成出来るというのは本当に素晴らしいと思います。カップリングコンデンサーのグレードアップやOPアンプの交換によって更なる高みが見えてくるかもしれません。誰もがIさんにようにスムーズに行くとは限りませんが一つの成功体験としてご紹介させて頂いた次第です。Iさん、有難うございました!



by audiokaleidoscope | 2018-04-08 22:35 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31