人気ブログランキング | 話題のタグを見る

(2/27)EL156/Chinaが良かった件

試聴会が終わってから、どうも生活リズムがズレてしまって変な感じ。家に帰ってグッタリして気がつくと寝落ち。ああ!イカン!!と思いながら目が覚めたら最後、こんどは寝られなくなって結局3時ぐらいまでゴソゴソしていて朝は6時起き。それでもって寝不足で仕事終わりでダウン…こんな毎日が続いています。今週金曜から再び東京なので今のうちにリズムと体調を整えておかないと。

そんな今日はPitch FMで二本録り。"FMジャズ喫茶Pitch"という仮想ジャズ喫茶を舞台にマスターと常連客に混じってジャズ修行中の私がレコードを聴きながら丁々発止を繰り広げる…そんな番組です。今回は"お母さんのお腹の中にいるときからジャズを聴いていた"というYさんをスペシャルゲストにお迎えし、アート・ブレイキーとリー・モーガンスペシャル。YさんはJBLのバーチカルツインをメインで、サブに4312もお使いの女性ジャズファン。ド肝を抜く爆音でジャズを聴くのがお好きで、先日試聴室でかなりの音量で鳴らしていたときも耳の後ろに手をあててダンボのようにしていらっしゃるので、どうしたんですか?と伺うと"もっと近い音で!"と仰って"こりゃホンモノだ!"と恐れ入った次第。
(2/27)EL156/Chinaが良かった件_b0350085_23312833.jpg
そんなYさんをスペシャルゲストに迎えた収録で使ったアンプは
SV-S1616D/多極管仕様。毎回出力管を替えてLPの出力を球アンプを通した音で収録し音の違いを楽しんで頂いている訳ですが、今回出力管を何にしようかな…と思いながらタマのストックを除いていたら、今から10年くらい前にサンプルで買ったChina EL156を発見。KT88系の上位球でバイアスがかなり浅めの出力管ですがS1616Dなら使える筈…と思い試しに挿してみると、おお!音がぶっとい!!
(2/27)EL156/Chinaが良かった件_b0350085_23461162.jpg
EL156は元々ドイツテレフンケン社がオリジナルでノイマンのカッテイングマシンに使用されたことで知られる元々はプロユースの球です。ピン形状がやや特殊ということもあり民生用に使われることは稀でしたが15年ほど前に中国でUS8ピンベースで再生産が始まったもののポピュラーになることはなく短期間で製造が終了し現在は入手が難しい幻の球。今回久しぶりに鳴らしてみて良い出力管だったんだなあと改めて思いました。

このEL156は3月後半のオンエア(リー・モーガン特集)の収録で使っていますので(ちなみに前半はJJ EL34)、是非聴いてみてください。最近は流行りを越えて主流にすらなっているコンパチアンプですが、こういう意外な組み合わせも良いものです。お陰さまで楽しい収録になりました。



by audiokaleidoscope | 2017-02-28 00:00 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31