(2/4)TU-8150見参!!

今日は第二でエレキットTU-8150と初顔合わせ。
b0350085_20035311.jpg
出来立てホヤホヤの量産試作機。製品版ではシルク印刷代わりのステッカーを貼ってお化粧する訳ですが、それ以外は製品と同一です。シャーシは乳白色。フロントパネル左から電源SW,ヘッドフォン出力,入力ボリューム,いちばん右はステレオミニジャック入力です。
b0350085_20040651.jpg
リアパネル。入力はRCA1系統。スピーカーターミナルはバナナ対応。電源ケーブルは脱着式ですが2Pで断面が∞型をしているタイプです。ちょっと懐かしい感じ。
b0350085_20042965.jpg
ではTU-8150解體新書の始まりです。標準キットについている出力管は6AQ5(EL90)の高信頼バージョン6005W。その昔五球スーパーラジオのファイナルによく使われていました。MT管版6V6と申し上げると分かりやすいですね。
b0350085_20050253.jpg
このアンプのユニークなところは五結(Pentode),UL,三結(Triode)をジャンパー線の抜き差しで容易に変更出来ること。通常は音質と出力の両立という見地からULを選ぶところですが、実際スピーカーを繫いで試聴したところ、五結の音が出力の小ささを補うという点において良い意味で元気さがプラスに働き好感を持ちました。接続するスピーカーによってチューニングを変えられるのは真空管の奥深さを知る意味で重要ですし、例えばマルチの高音域をこのアンプで賄う場合に三結が有利である場合もあるので、このアンプを手にされる方は是非全ての接続を試して音の変化を体験して下さい。個人的にはこのアンプは五結をお奨めします。
b0350085_20043988.jpg
ここからがこのアンプのキモである訳ですが6V6への差換えが可能であること。6AQ5はMT7ピン,6V6はUS8ピンですから基本的に差換えは出来ない訳ですが、TU-8150では画期的なソケット変換ユニットを標準装備しています。私どもでは標準仕様ではオプションとなっている6V6を最初からつけた"TU-8150SV"を販売する予定ですので、早速6V6でも音質を確認してみました。
b0350085_20044370.jpg
6V6にすると俄然凄みというか存在感が増しますね。6AQ5使用時と出力は変わりませんが音のスケール感は6V6の方が優位で量感も向上します。
b0350085_20050587.jpg
常用の300Bppの代わりにTU-8150でブルーレイ観賞。第二のスピーカーは極めて高能率なので出力的には十分。300Bのコクや余韻的な部分は後退するもののADELEのヴォーカルを小気味よく十分な音量で楽しむことが出来ます。TU-8150はとても楽しいアンプ…今日は長い夜になりそうです。



by audiokaleidoscope | 2017-02-04 21:05 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31