人気ブログランキング |

(8/16)詠み人知らず?

今日は”こんなこともあるんだ!?”というお話。ラジオ番組を担当させて頂くようになって毎回一番悩むのが選曲。せっかく多くの方に聴いていただくなら演奏も音質も良いモノを選びたいし、その昔…自分が中高生だった頃、すべての音楽情報をFMから得たように、番組を聴いて”こんな良い曲あったんだ!”と思ってもらえるように、こう見えて選曲にかなりに時間を割いています。

昨日が”ようこそ!オーディオルーム”(8/20のOA)の収録日で、その準備のため選曲していた時のことです。”ようこそ!”では毎回4つのコーナーを用意していますが、最初のコーナーが”クラシック リファレンス セレクション”です。皆さんがよくご存じのクラシックに名曲を異なる二人(二組)の演奏を聴いていただき、その解釈の幅広さを楽しんでいこうという狙いです。

次回のOAではバッハのゴルトベルク変奏曲にしようと思い、自分が持っているCDやハイレゾ音源から何を選ぼうかと悩んでいた時です。私がゴルトベルクでナンバーワン!と思っているのがピエール・アンタイ(仏)のチェンバロ独奏。試聴会のデモでも何度もリファレンス曲として聴いて頂き、沢山のお客さんがこのCDをお持ちの文字通りリファレンスディスクの一つ。
b0350085_22552382.jpg
何しろ音質,演奏が素晴らしい!元々ゴルトベルク変奏曲はチェンバロのための練習曲であり、全4巻からなる「クラヴィーア練習曲集」の最終巻の別名。つまりチェンバロで聴くゴルトベルクこそがこの曲の本来の姿であり、その中でも珠玉の名演であり、名録音がこのアンタイの演奏だと個人的に思っています。

クラシックは楽譜という台本を演奏家がどう朗読するか…例えば速さ、例えば間合い、例えば情感の込め方によって受ける印象が大きく変わります。言い換えればクラシックの醍醐味はこの”人による揺らぎ”を楽しむ芸術ともいえる訳で、クラシック音楽が如何に雄弁であり、如何に多様であるかを知って頂きたい訳ですが、このアンタイの作品と対比するに相応しい演奏はないか...と思いながらハイレゾDLサイトを覗きつつ試聴トラックをチェックしながら良い演奏を探していた時、あるトラックを聴いていて、あれ?と思いました。アンタイの音と演奏にそっくり...演奏家の名はブランディーヌ・ヴェルレ
b0350085_00084882.jpg
アンタイは私と同じ’64年生まれの男性。ヴェルレは70代半ばの女性。フランス人という共通項はあるものの、こんなに演奏がそっくりなんてことはあるんだろうか...いやいやそもそも楽器が違う。アンタイはモダン(1985年製ブルース・ケネディ作)だし、ヴェルレはオールド(1751年製アンリ・エムシュ作)の筈。ここまで音色が似ていることは考え難い。

そこでヴェルレの音源(ハイレゾ)をDLして通して聴いてみることに。そして疑念は確信に変化しました。これは同じ音源であるに違いない。ゴルトベルクは32のバリエーションで構成されていますが、全てのトラックで1/1000秒まで演奏時間がドンピシャ。演奏途中で微かに聴こえる暗騒音の箇所も全く同じ。FFTで比較してみると
b0350085_23574246.jpg
上がアンタイ(CD音源)。下がヴェルレ(ハイレゾ)。画像を拡大して頂くと分かると思いますが、ヴェルレ版の方がピークレベルが僅かに上げられていますが、後は全く同じ。ヴェルレ版は44.1k/24bitで配信されていますが、恐らくマスターは同じものでしょう。

さてこれをどう理解するか?かれこれ15年、自分が愛聴してきたアンタイ版が実はヴェルレの演奏だったのか?...はたまた逆なのか?こうなると半ば意地になってヴェルレの他の音源を探してみます。幾つかのサイトを検索するうち、同タイトルと思しきCDの試聴ページにヒット。聴いてみるとハイレゾ版とは全然違う演奏が聴こえてきます。これで半ば謎が解けました。つまりハイレゾサイトで配信されているヴェルレの音源がアンタイ版と入れ替わってしまっている可能性がある(かもしれない)。

配信元の名誉のために補足しておきますと、配信サイドとしては提供された音源をそのままアップロードするだけで故意に音源を入れ替えたり加工することはありませんし契約上許されることではありません。つまりその前のどこかの段階で音源が入れ替わってしまったと考えられる訳で、このミステリーが解けることがあるか否か...。念のため配信元には連絡をしておこうと思います。

そんな訳で今週末のOAではアンタイの音源はやめてピアノ独奏と弦楽合奏の2つのバージョンでゴルトベルクを対比することにしました。ピアノはアンドラシュ・シフ。これも実に美しいです。お楽しみに!!



by audiokaleidoscope | 2016-08-17 00:37 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31