人気ブログランキング | 話題のタグを見る

(7/12)「ミュージシャンが選ぶナンバーワン出力管」と「シングルVSプッシュプル」

今回の真空管・オーディオ大放談は2本録り。一本目はスペシャルゲスト秋田慎治さん(ジャズピアニスト)をお迎えして「ミュージシャンが選ぶナンバーワン出力管はこれだ!」と題してSV-P1616D/多極管仕様と同300B仕様(7月末新発売)を使用し、計9種類の出力管を総まくり試聴しました。ゲストコメンテーターはいつものTさんです。
(7/12)「ミュージシャンが選ぶナンバーワン出力管」と「シングルVSプッシュプル」_b0350085_09512583.jpg
今回試聴に使った出力管はEL34,6L6GC,KT66,Tung Sol 6550,KT88,KT120,KT150,300Bver.4,300Bver.5。秋田さんの新譜「time-10」からリファレンス曲を選び全ての出力管で比較試聴しました。7種の多極管と2種の300Bがもたらす音の変化は極めて大きなもので、日頃KT88プッシュプルをお使いの秋田さんも、ずいぶん変わるんですね!と非常に興味を持たれていました。さて秋田さんが選んだナンバーワンの出力管は何だったでしょうか…8/19(金)20時~22時のオンエアを是非お聴きください。
(7/12)「ミュージシャンが選ぶナンバーワン出力管」と「シングルVSプッシュプル」_b0350085_10162238.jpg
ヒントはこちら。キャンペーンを活用して是非ご自身の耳でもナンバーワンを決めて下さい!

二本目は真空管アンプユーザー永遠のテーマの一つといえる「シングルVSプッシュプル、同じ球でもこんなに違う!」を掲げての比較試聴。シングルアンプの”音色”(ねいろ)をとるかプッシュプルの”響き”を取るか…自分の耳で確認できる絶好のチャンスです。アンプのゲインを全く同じにしてシングル→プッシュプルの順に二曲づつ同じ曲を掛けるという進行にしたのですが、収録前にTさんが”じっさいどの位、差が出ますかねえ?”と仰っていたのがフタを空けるとアタマの一小節で思わず声が漏れるほどの違いが現れています。9/2(金)20時~22時のオンエアを聴かれる方もきっとビックリされるのではないかと思います。

収録の中でTさんが仰っていたのが”多極管ってのはプッシュがこんなに良かったんですねえ!”というひと言。時代背景的に多極管は高効率化,大出力化のために三極管に続いて開発が始まった経緯がありますので、自ずと当時からプッシュプルでのい作例が大半でした。私たち自作派にとって多極管シングルは”はじめの一台”として回路的にも価格的にも極めて取り組みやすい大切なカテゴリーである訳ですが、今回改めてシングルとプッシュプルを比較してみて、その本質に迫ることが出来るのではないかと思っています。

先日の試聴会でも”はじめての真空管アンプ”と題したコマで真空管には三極管と多極管があり、回路にはシングルとプッシュプルという大きく4つの分類が出来る…その中から自分にとってのオンリーワンを見つけることこそが真空管アンプとの蜜月を約束するんです!と申し上げました。今回の収録も試聴会の時の皆さんのキラキラした目を思い出しながらアッという間に終わってしまいました。このオンエアも真空管アンプを知るうえで非常に重要なテーマを内包していると思います。是非お聴き頂ければ幸いです!!






by audiokaleidoscope | 2016-07-13 10:31 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31