(7/16)あの日の感動

皆さん、こんばんは。

今日は長野で打合せでした。今後のデジタルオーディオの動向…というと少々大袈裟ですが、これからの市場予測と製品として求められるものは何かというテーマで議論しました。

遡ると2003年~2008年に96k/24bit対応の真空管D/Aコンバーター”model2"をキット化。その後”ハイレゾ”という言葉すら一般的でなかった2008年に192k/24bit再生+アップ/ダウンサンプリング機能という2つのコンテンツによって当社製品のなかで最大のヒットとなったからSV-192Sをリリース。その後SV-192SはDSD(2.8M)対応を実現したのち、現行のSV-192PROへ移行。PCM専用D/Aコンバーターとして最高の音質と機能の両立を目指しました。

果たしてSV-192PROをバージョンアップする必然性はあるのか?・・・市場を俯瞰すればデジタルオーディオの目覚ましい進化によって、今やスペック的にSV-192PROを凌駕するものも少なくなりませんし、どんどん小型化し低価格化している状況ですが、少々手前味噌ながら開発当時最もこだわった”音質”についてはスペック云々に関係なく充分に自信を持っていますし、今後もその存在感をキープしてくれるという自信もあります。

一方で最近は384kHzだ32bitだ11.2Mだ…という嘗て半導体アンプが音質よりもスペックと価格で競い合った時代を彷彿されるような状況になっています。正直根を張る前に次の種を蒔かざるを得ない業界の苦しさも垣間見えます。

加えてこの2~3年、D/Aコンバーター=USB DACと言っても良い状況になってきていてPCオーディオ重視の傾向が益々顕在化しています。これは時代の趨勢ですし私もPCオーディオ,ハイレゾダウンロードを応援する立場の一人ですが、他方CDなど既存のデジタルメディアの高音質化という眼目が少し後退してきている寂しさも禁じ得ません。

今後ストリーミングサービスの台頭によってCDは更に苦戦を強いられることでしょう。しかし皆さんが一番沢山持っているのはCDである訳で、もしSV-192PROの後継機を作るなら皆さんの家に沢山あるCDを驚くような高音質で鳴らせる真空管D/A…それも飛び切りのスペックと妥当性のある価格でご提供したいという想いがあります。

真空管機器こそがデジタルソースに滑らかさと艶、そして適切な倍音感と温度感を与え、アナログ的な質感を最もよく引き出せると思い続けて今年で18年め。私どもらしい、私どもにしか出来ない次期DACの姿が次第に浮かび上がってきつつあります。今後更に協議を重ねていきます。

打合せが終わってから、SV-192Sが立ち上がった頃のことを思い出していました。予約受付当日の日記が残っていますので抜粋して再掲させて頂きます。

2008,11,12, Wednesday
お待たせしました!

・・・ということで皆さん、改めましてこんばんは。最近あまり寝ていないので本当は結構疲れている筈なのに何だか興奮して全然眠くありません。SV-192Sが1時間半で初回発送分完売,4時間で2回目(年内最終)完売、全く予想していなかった予約開始当日中の追加発注です。今こうして日記を書いている間もどんどん注文が入ってきています。(中略)まさか一晩で200台近い注文が上がってくるとは全く予想していませんでしたので私は他の仕事そっちのけで対応に大わらわという状況です。
b0350085_22290557.jpg
2008,11,13, Thursday
来るべき「至福の時」へ

結局モノを売る(買う)ということはその先にある「こんなに楽しいんだよ」というマインドを共有する事なのだと思います。この間、試聴に来られたお客さんだったかメーカーの方だったか、が言っていたのは何十万という高級カメラが今よく売れているんだそうです。きっとこれも同じで「じゃあこのカメラで何を撮ろう!」とか「こで持って次はどこ行こう!」みたいな気持ちを一緒に手に入れているような気がするのです。(中略)今日、192Sを作って頂いているメーカーの社長が「今までこんな事は一度も経験がない」と驚いていました。世界に名だたるメーカのOEMを引き受ける立派な会社が何を・・・とも思いましたが正直嬉しかったです。確かにネットという環境で特定の、それも未発売の新製品が一晩で200台以上の予約というのは通常ではあり得ないことかもしれません。そういう意味では先方が驚愕するのも無理からぬことです。でも私には予約して下さった皆さんの気持ちがわかります。予約したのは来るべき至福の時間なのだということを。


…当時の興奮が甦ってきますね。皆さん同様、私もSV-192Sにとても大きな期待を寄せ、そしてその音に大きな感動を覚えた一人。機種は何であれ自分自身が欲しくて堪らないという製品でなければ作ってはいけない…改めてそう感じた今日でした。




by audiokaleidoscope | 2015-07-17 04:27 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31