目先の情報より永続的バリュー

皆さん、おはようございます。イブはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私どもでは年内稼動日が明日(26日)までということで、締め業務に追われバタバタしています。「終りよければ全てよし」という言葉通り、なるべく越年の宿題を持たずに新年を迎えたいものです。

今週に入ってから主要取引先さんが年末のご挨拶にお越しになっていろいろなお話を伺う機会が多い訳ですが、「やはり」という事もあれば意外だなあ・・・と思う事も多々あって、今年下半期でかなりオーディオ業界も動きがあったんだ、ということを改めて感じています。必ずしも世の中の表面(例えば新聞誌上や雑誌、TVCMなど)で見えている部分がそのまま内情を示している訳ではない訳で、やはり自分をしっかり持っていないと進むべき道を見誤りかねない事を改めて自身に言い聞かせた次第です。

そういえばMUSIC BIRDも来年4月の改編期を前に素晴らしい取組みを始めつつあることを昨日伺いました。2月~3月には正式に告知されると思いますので、是非お楽しみになさって下さい!オーディオ好きな方にとっての朗報であることは間違いありません。

来年(以降)の私どもの製品計画はほぼロードマップが固まった段階です。具体的仕様などは年明けから詰めるかたちとなります。従来製品の復活(および定番化)と併せて更に厚みのある商品構成になるものと思いますので、ご期待頂ければと思います。

この冬休みは自分の頭を整理しつつ、幾つかのトライが出来ればと考えています。以前にも申し上げましたがLM91Aのキット化は可能なのか、というテーマ。完成品同様の配線仕様をキットで行うのは不可能と思われますので、逆にどうしたら出来るんだろう・・・ということを実機と図面をみながら検討したいと思っています。それと現在欠番となっている845アンプの後継機についても早期に具体化する必要があるでしょう。

また再販売させて頂いて非常に好評なSV-3の追加生産を進める一方で、この価格帯の製品も皆さんに望まれていることを再認識していますので、お値打ちなものからマニアックなものまでラインナップを充実していく必要性を感じています。

デジタルの分野でも来年あたり「次の波」が来るかもしれません。更なるハイレート化あるいは音源のリアルタイム変換など、業界内でも取組みが始まりつつある状況のようですが、私どもでは既存技術をしっかり保持しつつ、情報を集めて目先ではなく3年先,5年先でも通用する機器を開発することが重要と考えています。

b0350085_09134339.jpg
SV-192PRO。5年後,10年後も一線で活躍してくれる筈。

冒頭のお話に戻りますが、目先の情報や足許のトレンドも大切である一方、もっと重要なことは自分たちでしか出来ない何か、自分たちならではの永続的「バリュー」の構築ではないかと思います。ここは焦らずジックリ考えてみます。



by audiokaleidoscope | 2014-12-25 09:03 | オーディオ

SUNVALLEY audio公式ブログです。新製品情報,イベント情報などの新着情報のほか、真空管オーディオ愛好家の皆様に向けた耳寄り情報を発信して参ります。


by SUNVALLEY audio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31