タグ:JB-320LM ( 13 ) タグの人気記事

(8/30)全員完成!

皆さん、こんにちは。昨日撮れなかった工程の写真を何枚か…。
b0350085_10044600.jpg
基板が完成後、シャーシに実装します。そして渡り配線。
b0350085_10152281.jpg
このようにリードを平たいペンチで支えてあげるとキレイにハンダづけ出来ます。今回皆さん、良い工具をお持ちでちょっと驚きました。良い仕事は良い道具から、ですね。
b0350085_10541426.jpg
渡り配線が終わると、真空管を挿入し、いよいよ電圧測定です。人間でいえば血圧を測るようなもの。正しい電圧が出ているということは、真空管に適切なエネルギーが供給されていることが客観的に証明される訳で、これをせずに組立が完了したとは言えません。600V耐圧程度のデジタルテスターがあれば大半のアンプの測定が可能です。
b0350085_10540740.jpg
測定電圧は記録しておくと後々便利です。
b0350085_14064462.jpg
Tさん、初めての真空管アンプ製作、お疲れさまでした!
b0350085_14062771.jpg
Jさん、細心の注意を払い納得のモノづくりが出来たようですね!

…という訳で楽しかった一日半のアンプ製作会も終わってしまいました。東京では初めての企画でありましたが、皆さんのモノづくりをずっと拝見していて幾つか重要な発見がありました。

作り手である私たちにとってアンプの内容や製作難易度は当然頭に入っています。しかし、今回で言えばJB-320LMが基板アンプで、トランス等の重量部品やヴォリューム,入力セレクター,スピーカーターミナル等の機構部品も予め取付られていて、電源部,高圧部までは組んだ状態で提供させて頂いている…そういう最も基本的な情報が充分お伝え出来ていないという事実…今回JB-320LMの購入をいただいて、製作会にご参加頂いた方ですら、”バラバラのキットかと思ってました”と仰るということは、多くの方にその辺の難易度、工数イメージが充分にお伝え出来ていないということを真摯に反省し、何らかの形でキチンとお伝えすべきであろうと強く思いました。

あとは初めての方でも”やってみれば出来るじゃん!”という安心感、言い換えればもっとハードルを下げる事が求められていることも、完成後の皆さんの穏やかな笑顔を拝見し、改めて教えて頂いた気がします。全員の方がノーミスで出来たことが何より嬉しかったです。

オーディオに限らず最近は”弄る(いじる)楽しさ”を体験できる趣味が段々と少なくなってきたというお話をよく伺います。バイクやカメラもしかり…誰でも知識がなくとも使えることが当たり前の世の中で、モノを触り、慈しむマインドが希薄になっているような不安を感じます。

大量に生産し、大量に消費し、結果的に大量に廃棄することで循環している世の中の片隅で、こんな趣味が一つぐらい残っても良い…今回参加された方は勿論、これまで皆さんに手がけて頂いたキットは全て自分の分身のようなものであり、オンリーワンの存在である訳で、”キング・オブ・ホビー”と言われるこの素晴らしき趣味の世界で仕事をさせて頂いていることを改めて大変誇りに思いました。

”こんな風に一つ一つアドバイスを貰えるなんて滅多にない機会ですからね”とも仰って頂きましたが、こちらこそ、作り手であるお客さまの生の声をダイレクトに聞かせて頂いて、今回は本当にやってよかったな!と思いました。是非またやらせて頂こうと思いました。どうも有難うございました!

私はこれから半蔵門へ移動して、明日の収録の準備です。今回のゲストはレコーディングエンジニア界の超大物と人気女性ヴォーカリスト。頑張らねば!



by audiokaleidoscope | 2015-08-30 12:47 | オーディオ | Comments(2)

(8/29_2)オトナのモノづくり_続編

アンプ製作会、順調に進んでいます!
b0350085_06241036.jpg
これが完成した基板です。JB-320LMは電源部,高圧部は出来上がっている(組付済,動作確認済)ので、作って頂くのはこの基板一枚です。
b0350085_06230968.jpg
b0350085_06222428.jpg
b0350085_06301444.jpg
いよいよメインシャーシへの組み付けが始めりました。その後、あとは渡り配線(約10箇所)を残すのみ。

このあと、各部の電圧チェックを行い、正しく組立られていることを確認していよいよ音出しです。今日は3人の方が完成されました。実質作業時間6時間弱というところでしょうか。

自分が作ったアンプと一緒に記念撮影です。
b0350085_06210790.jpg
Sさん、万事OKでしたね。おつかれさまでした!
b0350085_06202913.jpg
四家さん、真空管オーディオフェアでのミニコンサート楽しみにしています!
b0350085_06214239.jpg
Uさん、素晴らしいお手並みでした!

…こんな感じで明日も製作会は続いていきます。頑張っていきましょう!




by audiokaleidoscope | 2015-08-30 05:09 | オーディオ | Comments(0)

(8/29)オトナのモノづくり_初日

皆さん、こんにちは。今朝早く会社を出てお昼ごろ損保会館に到着。そう、今日,明日と楽しみにしていたアンプ製作会 in 秋葉原です!

今回は本当に初めてハンダごてを握る方でも大丈夫なように、完全サポートを期して人数を限定させていただき(ご要望にお応え出来なかった方、申し訳ございませんでした)、タップリ時間をとって実施させていただくことに致しました。

先ほどから製作が始まっており、皆さん集中された雰囲気のなかにも和やかな雰囲気で進んでいます。
b0350085_14112115.jpg
マニュアルを見ながら、不安な点は訊きながら、皆さん一工程づつ確実に進めています。
b0350085_14114507.jpg
四家さん(左)はチェロの弓をハンダごてに持ち替えて頑張ってます!
b0350085_14115254.jpg
皆さんも真剣そのもの!
b0350085_14122619.jpg
※写真は許可を得て撮影,掲載させていただいています。

静かに週末の午後のひと時が流れていく、雨の秋葉原です。続きは後ほど…。



by audiokaleidoscope | 2015-08-29 14:43 | オーディオ | Comments(0)

(8/23)Mさん宅にて

皆さん、こんばんは。今日は軽井沢のMさん宅へ納品に伺ってきました。感覚的には10度以上涼しいのかな、という気がします。

Mさん宅は…なんというか別世界。元々関東近郊にお住まいなのですが、どうしても大きな音が出せない、空間のボリュームが小さい…等の理由から週末オーディオを心ゆくまで楽しめる場として此処を求められたとのこと。何とも素敵なお話です。
b0350085_00085438.jpg
リビングに繋がるベランダからの眺望。最高です!
b0350085_00092047.jpg
LDKだけで100平米はゆうにあろうかという大空間。
b0350085_00091471.jpg
ダイニング側を臨みます。この開放感が堪りません!50人位のライブ(ピアノトリオor室内楽)が出来たら素敵だろうな…と思わず夢想。
b0350085_00134507.jpg
オーディオのための家…とMさんが仰るだけにスピーカーだけでもB&W,Focal,JBLが既に鎮座。そこに今回タンノイが加わりました。
b0350085_00090481.jpg
逆光でちょっと見づらいですが、今日お持ちしたスピーカーは先日書いたこれ。試聴室で見ると大きいなあ、という感じでしたが、ここではちょうど良い収まり方です。
b0350085_00092663.jpg
アンプはJB-320LM(300B)。元々の持ち主SさんがこのスピーカーをJB-300Bで良い音で鳴らしておられたこともありますが、この手のスピーカーにありがちなパワーをぶち込んでドンパチ…ではなく、爽やかに屈託なく上品に鳴らすならむしろこの位がちょうど良い…と思ったから。

部屋の何処にいても開放された扉から入ってくる風とともに、音楽が心地よく耳に入ってくる…そんな鳴り方が最も相応しい、Mさんの素敵なお宅でした。

明日は同じ軽井沢地内のY名誉教授のラボでのひと時をレポートします。

※写真はMさんの許可のもと掲載させて頂いています。



by audiokaleidoscope | 2015-08-24 06:05 | オーディオ | Comments(0)

(8/12)とりもつご縁

皆さん、こんばんは。今日はお見合いの仲人役。いつもより少し念入りに試聴室を掃除して…。

お見合いといっても男女の仲を取り持つ訳ではありません。スピーカーと新しい主(あるじ)のご縁を紡ぐ、今日は大切な日。
b0350085_00185097.jpg
MIDの前に鎮座するのはタンノイのSystem15。タンノイでは珍しい15インチ同軸2ウェイのスタジオモニターで、破格のコストパフォーマンスの高さから当時家庭用にもかなりの個体数が輸入されました。

これは元々預かりもの。先日LM755A Classic Floor Systemをお納めした際に東京のSさん宅から車に積んで持ってきたのです。これを今日Mさんが聴かれて気に入れば近いうちに軽井沢の別邸に据付させて頂く予定であることを伺っていたので私も責任重大。この手のラージモニターが一番陥りやすい低域のブーミングを避ける為に鋳鉄製のスタンドで音を整えます。

アンプはJB-320LM(300B仕様)。元々SさんがJB-300BでSystem15を鳴らしておられたので、その音の質感をそのままMさんに聴いて頂きたかったのと、この手のラージモニターは何百Wの大出力パワーでないと鳴らないのではないか…という固定観念を払拭いただく為でした。

Mさんはクラシック,ジャズ,ヴォーカルなどを楽しまれるのでソースも厳選。

シュタインバッハーのモーツァルトVnコンチェルト。
b0350085_01470334.jpg
藤本一馬/伊藤志宏のWavenir。
b0350085_01471614.jpg
Carol KiddのAll My Tomorrows。
b0350085_01473220.jpg

是非試聴トラックを聴いてみて下さい!
※画像転載許諾:e-onkyo music

MさんはSystem15をたいそう気に入られ、JB-320LMも一緒にお嫁入りすることになりました。仲人としては二重の歓びです。映画「風立ちぬ」の舞台に相応しい爽やかで屈託ない音で鳴ってくれるよう、現地で頑張ってセッティングしようと思います!



by audiokaleidoscope | 2015-08-13 02:01 | オーディオ | Comments(0)

(7/11)JB-320LM製作会が決まりました!

皆さん、こんばんは。

早速ですが先日キットの制作会が出来るといいな…的なことを書きましたが、トントン拍子に話が進んで東京で開催が決まりましたのでお知らせします。第一弾としてJB-320LMを題材として実施します。

b0350085_01313441.jpg
JB-320LMキット製作会 募集要項

1)日時

2015年8月29日(土)13時~30日(日)15時

2)場所

株式会社 損保会館 一階会議室
〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9

3)企画

・ 機種:JB-320LMキットの製作
・ 初めての方でも完全サポート
・ 正しいハンダの方法から組立後の測定サービスまで

4)参加費用

キット代金のみ

5)申込

・ ご注文時のコメント付記
・ メール(kitorder@sunvalley-e.co.jp)等

6)その他

・ 現地集合,現地解散 (合宿方式ではありません)
・ 一日参加も可
・ 組立済キットは会場からお客様宅へ発送(持ち帰りも可)
・ 未完成の場合は当社にて完成させて後日発送
・ 工具等組立済に必要な備品は当社にて用意(持込歓迎)

7)問合せ先

kitorder@sunvalley-e.co.jp または TEL:0566-24-6881

これまで”キットに挑戦してみたいけど自分に出来るかな?”とか”組めてもチャンと動いているかどうか自信が持てない”と思って逡巡されていた方もいらっしゃったかもしれません。そういう方に是非チャレンジしていただきたい…という気持ちを込めて開催させて頂きます。ご興味のある方が是非ご一報頂ければ幸いです!




by audiokaleidoscope | 2015-07-12 01:38 | オーディオ | Comments(0)

(7/7)素晴らしき哉!第二の人生

皆さん、こんばんは。残念ながら今日は織姫さんと彦星さんには会えなさそうですね。

今日は現在ご注文ランキングNo.1を独走中のJB-320LMネタです。先日の東京試聴会にお越しになられたGさんから嬉しい写真とメッセージを頂きましたのでご紹介させていただきます。最初は完成品を…と仰っていたGさんですが、強い味方Kさんが組み立てられることになって、完成のレポートをお待ちしていたのです。

JB-320LMキットですが、先週Kさん宅に到着した翌日になんとほぼ半日で完成させてもらい、その翌日拙宅に持ち込むという超ハイスピードの流れとなりました。スペースの関係でTVを動かしてもらったりして早速セットして緊張の火入れ。流れ出てきた音に二人とも思わず声をあげました。

○○○(これまでGさんがお使いの真空管アンプ)の半導体アンプに近い音質と打って変わった真空管独特の倍音が匂いたち、音の粒が一つ一つ見えるような上質な解像度、空気感にうっとりしました。価格面で数分の1の320LMがこんなに強く 自己主張するとは!二人ともびっくりし、もっと早く導入すべきだったと悔やまれました。SUNVALLEY恐るべし! ますますのご活躍、ご健闘をお祈りします。
b0350085_16472753.jpg
Gさんのシステム全景です。JB-320LMの他にSV-192PRO,SV-192A/D,SV-353,MUSIC BIRDのチューナーなどが整然と並んでいる様は壮観ですね!
b0350085_16474906.jpg
GさんのJB-320LMはPrime300Bver.5仕様です!標準キットはver.4が付属しますが差額でver.5にアップグレード可能です!

別件ですが、今日アナログプレーヤーの調整にお邪魔したNさん宅もこの春JB-320LM(2A3仕様)をお納めしたばかり。40数年ぶりにオーディオ熱が再発したという大先輩です。
b0350085_16481883.jpg
フォノEQはSV-722EQ(M7仕様)。クラシック(特にオペラ)好きなNさんが丹念に比較試聴された結果のセレクトです。
b0350085_16491408.jpg
Nさん世代の方は300Bよりも2A3という方は少なからずいらっしゃいます。当時300Bという名前は聞いたことはあっても実体は全く不明…憧れの球といえば2A3だった、そんな時代。2A3仕様に付属しているGolden Dragon 2A3 premiumはトリエーテッドタングステンフィラメントで輝かしい音質が魅力。出力も一般の2A3の30%アップ程度出ますので殆どのスピーカーがドライブ出来ます。
b0350085_16493930.jpg
アナログプレーヤーはVICTOR QL-7。Nさんの愛機は元々1970年代中盤~後半にお求め頂いたものが殆どでした。どうしても電気機器は20年~30年で相当程度劣化するもの…今回の機器更新に併せてプレーヤーはOHさせて頂いてカートリッジもDL-103に新調しました!僅かにリフターの油圧が低いですが、後は完璧です。
b0350085_16502588.jpg
Nさんが今日選ばれたLPはカラヤンのベートーヴェン:荘厳ミサ曲ニ長調(1974)でした。40年間ずっと眠っていたLPとは思えない瑞々しい音に感動!
b0350085_16495849.jpg
スピーカーはONKYO M80です。エッジがやや草臥れてきていますが、当時はまだウレタン素材でなかったため、まだ弾性をキープしているので、もう少し使いましょうよ!とお奨めしました。次の目標はTannoy Stirling!HE辺りの中古で上物が出たら即連絡することになっています。

最近は現役を退かれた先輩方が本当にお元気です。オーディオ全盛期の昭和50年(1975年)頃の高度成長期の想い出話と自分のオーディオを重ねながらお話を伺うことがとても多くなりました。今日も40年ぶりに針が下りたLPの素晴らしい音にしばし陶然とした訳ですが、私もこんな第二の人生を過ごすことが出来たらなあ…と羨ましく思った次第です。

※写真,メール文はご了承を得て掲載させて頂いています。




by audiokaleidoscope | 2015-07-07 17:46 | オーディオ | Comments(0)

(4/10)おばあちゃんの2A3

皆さん、こんにちは。

早速ですが昨日お知らせした開放日(千葉編:5/16土曜開催)ですが、既に20名さま弱のご参加のお申し出を頂戴しております。参加ご希望の方はお早目にご連絡頂ければ幸いです。

ところで昨日試聴にいらっしゃった京都のYさん。事前に電話でお話させて頂いた感じでは60代後半のお客さまかなあ…と想像していたのですが、お会いして年齢を伺うと81歳と伺って驚きました。矍鑠(かくしゃく)というより溌剌とされていて、とても素敵な年齢の重ね方だなあ、と思いました。カメラ片手にウォーキングを欠かさないと仰るYさんに秘訣を伺うと、「良い音楽を聴くことですね」とのこと。

そんなYさんのお目当てはJB-320LM。2A3は持ってるから、それで試聴したいと仰るので、早速拝見すると1960年9月のDate Codeが付いたNOS/NIB(元箱新品)のRCA 2A3。一度も通電せずに55年間眠っていた球が目覚める瞬間に立ち会う緊張は私も一緒で,思わず電源SWを入れる手にも力がこもります。本来はNOS球の場合、整流管を抜いて数十時間通電することでヒーター(フィラメント)のバーンインを行ってから稼働させると一層安心なのですが、今日はそれをやっている時間がないので、素早く確認を行うこととしました。

一瞬逡巡したのち、意を決してON。ノイズ,スパーク,異臭なし。プリの音量を上げていくと紛うことなきRCA 2A3の美音がスピーカーから放たれてきます。出力,左右バランスも全く問題ありません。Yさんの嬉しい気持ちがこちらにも伝わってくるようで、ずっと聴かせてあげたかったのですが、いきなり起こされて「さあ走れ!」と球に言っているような気がして、早々に電源を落しました。今や大量生産,大量消費,大量廃棄のサイクルで10年前の家電などは修理より買い直しが普通といわれる時代。半世紀以上も前のデバイスがそのまま使えるというのは本当に素敵なこと。単なる骨董でなく、一つの文化遺産ですから大切に使わなくてはいけません。

Yさんに「全く問題ないです。良かったですねえ」と2A3をお返しすると、「実はもう1ペア別の2A3があるので、それも検査してくれませんか」と仰います。「もちろん!」と申し上げると、RCA以上に丁寧に包まれている球を渡されました。見るとマツダ(旧東芝)の2A3。これは私も実物を見るのは初めてですが、造りもよく当時の日本の真空管製造技術の高さをうかがわせます。RCA同様慎重にJB-320LMにセットし、徐(おもむろ)に電源を立ち上げたところ、同じようにふわっと音が出始めました。
b0350085_15431662.jpg
それまでソファに座っておられたYさんが思わず立ち上がり、320LMに近寄ってずっと球を見つめていらっしゃいます。そのうちYさんが「この球はね・・・私が15の時におばあちゃんに買ってもらった球なんです。受験勉強を頑張るからって。それで勉強しながら自分で作ったアンプにこの球を挿して聴いてたんです。懐かしいな…今でもちゃんと使えるなんて」と仰るYさんの目には光るものが。

今から65年前の想い出が一対の真空管で甦るのを横で見ていて私もグッときましたが、Yさんは「このアンプを自分で作って、いずれは孫に渡そうと思っているんです」」と仰るのを伺って、是非そうしてあげてください・・・きっとおばあちゃんも喜ばれると思いますと申し上げると、Yさんはとても嬉しそうに笑っていました。

真空管が繋いでゆくYさんの想いと歴史。とても素敵なひと時でした。



by audiokaleidoscope | 2015-04-10 09:51 | オーディオ | Comments(0)

(3/13)JB-320LM発送間近!

皆さん、こんにちは。いま会社ではJB-320LMの出荷準備で大わらわ。準備状況としては月曜日から順次発送ということで、特に遅れなく準備も進んでいます。

改めて申し上げるまでもありませんが、このアンプは単に300B/2A3のコンパチシングルというだけでなく、創業以来のキット屋の「原点」を一台のアンプに集約しようと思って企画しました。言い換えれば私の17年間の集大成のひとつと言っても良いものが出来たと自負しています。

組立マニュアルにはこんな言葉を寄せました。

本モデルは外見的には姉妹機SV-2300LMのシングルバージョンのようにも見えますが、旧JB 300B,JB 2A3の後継モデルとして相応しい抜けの良さと音色の明るさを狙ったニューモデルです。

回路的ポイントは旧Jewelry Boxシリーズから受け継いだパワー管三結ドライブにより出力管をフルスイングすることで実出力を遥かに超える高いスピーカーのドライブ力を得ている点です。またドライバー管も6V6,6L6GC,EL34からお好みの球を選択可能です。加えて整流管の採用も直熱三極管シングル愛好家へのアピールポイントです。また本機はプリメイン構成とし、ご使用上の利便性を向上させるだけでなく、より発展的なご使用にも対応した「PRE IN」(パワーアンプダイレクト)入力も備えているのも大きな特徴です。

その他、注目頂きたいのがNFB可変機能です。私どもの量産機では初採用の機能で、フィードバック量を変化させることにより、音色を最適化することができます。POSITION2(NFB:3dB)を標準とし、お使いのスピーカーやお聴きになる音楽ジャンルに合わせ調整頂ければ幸いです。「透明感はあるが非力」,「繊細感はあるが音のダンピングが甘い」・・・直熱三極管シングルに対するネガティブな先入観を本機は払拭してくれるでしょう。

サンバレーの経験と叡智をコンパクトなプリメインアンプに集約したJB-320LMをどうぞ末永くご愛用頂ければ幸いです。


ここでちょっとデータをお見せします。
b0350085_06273626.jpg
6C6-6V6-300B時の出力-歪率特性です。自分で言うのもナンですが、ほれぼれするソフトディストーション特性で設計的にも音色的にもニュートラルで無理のないアンプであることが分かります。因みに破線が二次試作,実線が量産モデルで、電源部の強化により更にパワーアップしていることがお分かり頂けるかと思います。
b0350085_06263951.jpg
これはドライブ段の変更による特性(の差異)を示しています。私どもが使用可能と申し上げている三種に関してはいずれも非常に良好な特性が得られていることが分かります。

b0350085_07181788.jpg
これは周波数特性です。暴れのないカーブで低域,高域とも良好な特性です。

JB-320LMはお客さまによっては組立が簡単すぎると思われる方もおられるかもしれません。誰が作っても同じ特性,同じ音色が得られることを最大の目的として企画されたキットです。

JB-320LMは作ってよし、聴いてよし、使ってよしの「三方良し」を目指しました。プリメインとしてのユーティリティ,作り易さ、そして何より音の良さ。或る意味でマニアックでありながら、私どもの製品のなかで最も間口の広いアンプが出来たということが言えるかもしれません。

迷ったらJB! 姉妹機SV-2300LMと並んで私どものスタンダードモデルがやっと出来た!という気持ちで今はとても幸せな気持ちです。どうぞご期待下さい!
b0350085_07030791.jpg



by audiokaleidoscope | 2015-03-14 05:59 | オーディオ | Comments(0)

(2/27)ぶじ入荷!

皆さん、こんにちは。JB-320LMLM755A Classic Floor System(エンクロージャー)が入荷しました。
b0350085_07553323.jpg
b0350085_07555560.jpg
これからマニュアル製作,ユニット選別を行います!ご予約の皆さま!3月第三週には発送できるよう準備します。どうぞお楽しみにお待ちくださいね。



by audiokaleidoscope | 2015-02-28 06:54 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧