タグ:第二試聴室 ( 8 ) タグの人気記事

(5/5)レートより叡智

今年のキット屋のGWは変則稼働。5日までがお休みで6日(金),7日(土)は営業、そして8日(日),9日(月)がまたお休みというスケジュール。実質的には長期連休は今日まで、ということで変な言い方ですが、私のバタバタ週間もこれでひと息。明日から普通の日々が戻ってくると思うと少し安堵感が…、そんな今日、茨城のNさんが第二にいらっしゃいました。

Nさんとは10年来のお付き合いで、こうやって年に1~2回お会いする間柄。そんなNさんが今回準備してこられたのが”ハイレゾは本当に音が良いか?”というテーマでした。この件は実に深い内容を包含していますからひと言で申し上げることは出来ません。今日NさんがUSBに入れてこられた音源のうち幾つかをSound Forge Pro上で波形観測しながら例示してみました。これに関しては以前のブログでも少し触れています ので併読下さい。
b0350085_22020764.jpg
例1

b0350085_22021369.jpg
例2

b0350085_22021855.jpg
例3

例1~例3まで全てハイレゾとして配信されている音源の波形です。先に申し上げてしまうとNさんが”ハイレゾだからと思って期待して購入したけど音が悪くてガッカリした”と仰ったのが最後の例3でした。では例1から例3でどうしてこんなに波形のプロファイルが異なるでしょうか。それはミックス時に”コンプレッサー”(以下コンプ)というエフェクターをどの程度使うかによって決まってきます。1は殆どかかっていない事例,2が軽く掛っている状態,3が深く掛っている状態のサンプルと思って下さい。

コンプはスタジオやPAの現場で最も多用される機器です。裏返せばそれだけ便利であるということもいえます。平たく言えばレベルの低い信号レベルを持ち上げ、ピークを潰すことでダイナミックレンジの調整(殆どの場合圧縮)を行います。その極端な例が上の3である訳です。

誤解を避けるために申し上げますがコンプが全て悪い訳ではありません。私たちが日々接している音源の殆どは何らかの形でダイナミックレンジ調整が行われています。少々下世話な言い方ですが女性のお化粧のように外へ出る(外へ出す)以上、外見を整えるのは一つのエチケットのようなものです。要は程度問題…何事も”過ぎたるは及ばざるが如し”です。

例3のような音源が出てくる背景にはオーディオ機器そのものの変化と無縁ではありません。オーディオ機器が小型化するにしたがって特にスピーカーは低能率化を余儀なくされました。スピーカーが低能率化するということは大入力を必要とするだけでなく、小入力時のニュアンスが損なわれる(ローレベルの信号を拾い上げにくくなる)ことを意味します。そのため、どうしても音源側でローレベルの信号を持ち上げ、その分飛び出るピークを潰す必要が出てきました。言うならばミニコンポの時代になり音源も変化せざるを得なくなったという背景も一因です。嘗てのように高能率の大スピーカーで音楽を聴く方が減り、結果的に音源の在り様まで変えてしまったという訳です。実際スタジオでミニコンポでプレイバックしながら音のチェックをしている現場に立ち会ったこともあります。残念ながら事実です。

例3のように極端にダイナミックレンジを圧縮した音源をどれだけハイレゾ化したところで、抑揚感がなく音のヘッドルームが低い(常に頭をぶつけているような違和感)がなくなる訳ではありません。今やパソコン一台あれば誰でもハイレゾ音源を自分で作れる(加工)出来る時代。ハイレゾだから音が良いと言うのは、旬の食材を使えば全て旨い料理が出来る訳ではないのと同じで最も大切なのはプロセス(料理でいえばレシピ)であり、つまるところ人の叡智こそが鍵であるという事に何ら変わりはありません。

ハイレゾという技術(ムーブメント)は業界にとって非常に重要なコンテンツです。この流れを大切にし良い音源を良い音で聴く楽しさを一人でも多くの人に伝えていかなければなりません。ハイレゾだから良いのでなくて、良い音源を更に良い音で聴く、その為のハイレゾであって欲しいし、単にブームに乗って何でもハイレゾにすれば良いというものではないことを私たち業界の人間が良識を持つ必要があります。折角高いお金を払って買った音が悪くては二度とその方は購入していただけないと思いますし、ソフトのみならずハード側の信頼も揺らぎかねません。

何事もそうですが、ブームになると色んなものが出てきて玉石混交の様相を呈します。それを選び間違いのないものを入手することが使う側の私たちに求められていると言い替えてもいいかもしれません。



by audiokaleidoscope | 2016-05-06 06:02 | オーディオ | Comments(0)

(12/30)やっと新装開店!

延べ四日間に亘って格闘してきた第二の改装が終わったのが埼玉のMさん到着の30分前…ギリギリでした(笑)。今回の最大のテーマはオートグラフを長手方向に配置し直すこと。いま腰痛がひどくてタイヘンですが、結果的には本当にやってよかったと思っています。自分のなかでずっとチャレンジしたかったテーマでしたから。
b0350085_09105388.jpg
潔く映像系とオーディオ系を分けました。スピーカー(ユニット)の距離が従来の倍近くなって響きが解れ、拡がり感が格段に向上しました。細かい追い込みはこれからですが以前の配置の時のように何年もかけてチューニングする必要はなさそうです。きわめて自然に、きわめて普通に良い音で鳴ってくれています。

実はMさんがいらっしゃるにあたって少々イタズラを仕掛けていたのです。我が家ではメインはすっと三極管。300B,PX25,845…その豊かな響きとオートグラフのマリアージュに対して或る確信のようなものがずっとあったからです。今回レイアウト変更をした結果、意外なほど屈託なく鳴るので試しに先日マニュアルチェック用に作ったSV-S1616D(多極感仕様)で鳴らしながらMさんをお待ちしたのです。

Mさんが到着されて暫く音を聴いていただいたあと”実は1616で鳴らしているんです”とカミングアウトすると”えっ?”という感じが伝わってきました。高級アンプ=三極管という刷り込みが真空管アンプファンには結構あるんじゃないかと思いますが、この逆説的愉悦は今のレイアウトが与えてくれた最初の"教え”だったかもしれません。いやぁ、やってよかった!という感じです。
b0350085_09110019.jpg
ゲーム&麻雀エリアは残留。ビジュアルシステムは5.2chから3.1chにダウンサイジングしましたがAVアンプのアウトは本線系(真空管)に接続できるようになっているのでフロントスピーカー(Royd Sintra II)を使ったブックシェルフシステムに早変わり可能です。
b0350085_09110249.jpg
エレクトロニクス系は思い切ってシンプルに。今までいろいろ繋がっていてもあまり使うことのない機器は思い切ってすべて除去。電源系と信号系,デジタル系とアナログ系のケーブルの引き回しもセパレートし、200V:100Vのダウントランス経由の電源と商用100Vダイレクトもキッチリ分けて万全を期しました。心なしかノイズも減ってクリーンな音になった気がします。プラセボかもしれませんが苦労した結果出た音ですから自然と良い音に聴こえるのかもしれませんね。
b0350085_09110539.jpg
途中から合流されたNさんと記念撮影。新装開店して第二でこれからも沢山の方と楽しいひと時を共有したいものです。今年最後の大仕事が終わってちょっとホッとした12月30日でした。



by audiokaleidoscope | 2015-12-31 10:01 | オーディオ | Comments(0)

(12/27)模様替え_2

その後も作業は続き、やっと音が出るようになりました。
b0350085_08123393.jpg
こう見ると相当仕上がっているように見えますが裏側はトンでもないことになっています(笑)。
b0350085_08123618.jpg
下手(しもて)側から機器を見たところ。左からWE7A+陣笠(540-AW)。下はALTEC 342Bミキサーアンプ(ランドセル用)。SV-192S,SV-192A/D,TL-51X,LM86B,SV-310EQ,SV-S1616D(6L6GC)等…。

まだ音について云々出来るレベルではありません。ただスピーカーの間隔が広がり、いままでよりもスピーカーとの距離が近くなって鋭角だった二等辺三角形の裾野が大きくなったことで再生音のスケール感が圧倒的に向上したことは間違いありません。気が付くと交響曲の音源に手が伸びる…今まで曲単位(音の良さ)でチョイスしていた音楽との間合いまで近くなって一枚難なく聴き通せる嬉しさでいっぱいです。

あとは本棚の移動(これ大変!)とワークベンチ(組立,測定などを行う作業台)周辺の整理が残っているので、まだ2日位はかかりそう。年末年始の来客までには何とか恰好をつけないといけません。そういう意味ではこれからが本番、というところ。28日,29日は会社でいろいろとやることがあるので時間も限られますが、何とか頑張りたいものです。



by audiokaleidoscope | 2015-12-28 09:32 | オーディオ | Comments(0)

(12/26)模様替え_1

自宅待機が始まったら”今年こそやろう”と思っていたこと。今のレイアウトになってから約12年。時々”オートグラフの間隔を広げたらどんな音になるんだろう?”と思いながらも、接続のやりなおしと移動の大変さを思うと逡巡してしまって、どうも手が出なかったのです。

それが今日…何となく音楽を聴いていたら久しぶりに同じ衝動が湧き上がってきて、”いっそケーブルを全部外してしまえば後戻りできなくなるな…しばらくやろう!とやめよう!が行きつ戻りつしたあと、思い切ってラックを手前に引き出して電源ケーブル,スピーカーケーブルとラインケーブル合わせて100本弱を一気に外しました。これで覚悟が決まりました。

構想は極めてシンプル。部屋(7.2m×3.6m)の長手方向にオートグラフを再配置する。これまで何度か二間半(4.5m)あるいはそれ以上の間口にオートグラフをセッティングして広々とした音を何度か聴かせて頂いて”いいなぁ”とずっと思っていたのです。どうせやるなら思い切り…側/側で5.4mをイメージしてとりかかることに。もし結果が悪かったら元通りに…出来ないだろうなぁ、と思いながら。
b0350085_08064278.jpg
一人でスピーカーを動かすのはタイヘン。なんだかソワソワして落ち着きません。折角ここまで追い込んだ音をご破算にする訳ですから。
b0350085_08064416.jpg
一旦外した機器類は母屋に退避させて設置イメージが見えたところで今日は終了。引き抜いたケーブルが手前で山になってます(笑)。こんな模様替え初日でした。目標は28日完成…出来るかな?




by audiokaleidoscope | 2015-12-27 09:14 | オーディオ | Comments(2)

(6/27)音楽を信じること

皆さん、こんばんは。

今日は静岡のYさん,Mさんが第二に遊びにいらっしゃいました。お二方とはずいぶん長くお付き合いさせて頂いておりますが、第二にお招きするのは初めてのことです。ネタはMさんの501SEの定期健康診断が終わったので、それをお返しがてらオートグラフで聴いてみよう、というもの。

最初は先日の試聴会のデモ曲を中心に聴いていただきましたが、501SEが自然でしなやかに歌うのを聴かれてSV-91Bをメインで使って下さっているYさんが「501SEってこんな風に鳴るんだ…」と驚いておられました。
b0350085_01424396.jpg
皆さんはこの記事を覚えていらっしゃるでしょうか。ここでは知らず知らずのうちに決められているオーディオの”定石”のようなものについて書いていますが、文中で「軽々とした浮遊感、トランジェント(音の立ち上がり)の自然さ、表現の屈託のなさ」と501SEについて描写しています。まさにこれが501SE的な、501SEでなければ出すことの出来ない”アジ”な訳です。

そういえば今日SV-501SE完成品(Prime300Bver.5仕様)を注文下さったKさんがこんなメッセージを添えて下さいました。先日の試聴会に参加下さって501SEの導入を決められたとのこと。

キット屋さんの”メートル原器”の購入を決意いたしました。
NOS球ファンの私は、WE300Bの現実的価格での入手が不可能となった現在、数多の300Bアンプに興味がなくなりかけていたのですが、ver5搭載の501SEを聴くに及んで、今そこで鳴っている音を、音楽を信じようという気分になりました


※Kさんの許可を頂いて転載させて頂いています。

”音楽を信じようという気分になりました”という言葉は私に最も大きな力を与えてくれます…この仕事をしていて一番嬉しいのは、何よりこういうこと。モノを作って売る仕事というよりも、オーディオがあってそれを触媒として人と音楽,人と人が繋がるお手伝いをする仕事をしている感動があるからです。

今日いらっしゃったお二人とも年に一度か二度しかお会いできないですが、それでも大切な心の友と感じるのはオーディオと音楽という共通の趣味あればこそです。

今日私にとって最大の収穫はMさんがお持ちになったLP。今から30年ほど前、80年代の中盤にリリースされた「スーパーアナログディスク」(キングレコード)から何枚か聴かせて頂いたのですが、その音のぶ厚さ、ダイナミックレンジの広さ、広大なスケール感に心底痺れました。
b0350085_01425353.jpg
リムスキー=コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」ロリン・マゼール指揮 クリーヴランド管弦楽団
b0350085_01425951.jpg
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ホルスト・シュタイン指揮 フリードリッヒ・グルダ(ピアノ)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

この2枚に共通する”音づくり”に非常にシンパシーを感じたのでシゲシゲとライナー等を調べると…
b0350085_01430682.jpg
これがカッティングまでの機器構成ですが再生系で真空管ヘッドアンプを使っているだけでなく、真空管パワーアンプを挿入しているではありませんか!!これぞまさに先日私が「ようこそ!オーディオルーム」の収録(キース・ジャレット特集)で行った悪巧みの発想そのもの。やはりいつの時代も同じことを考える人っているんだなあ…ととても嬉しくなりました。

取り急ぎ仲間の中古レコード店に訊いてみると何枚か在庫があったので、自分で購入して更に聴きこんでみようと思っています。実に楽しみです。

気が付いたら2時間の予定が4時間半。友との時間はあっという間に過ぎてしまいます。とても楽しいひと時でした!




by audiokaleidoscope | 2015-06-28 04:41 | オーディオ | Comments(2)

(4/4~5)自ら探し、見つけること

皆さん、こんばんは。昨日は収録が終わり、都心から電車で1時間ほどのOさん宅へお邪魔させて頂きました。

Oさんとはかなり長いお付き合いになるのですが、こうやってご自宅へ伺うのは初めて。まるで高原のカフェのような開放感とよい眺め。外ではウグイスが歌っています。
b0350085_01225171.jpg
早速Oさんの音を聴かせていただくことにしました。私より先にFさんもいらっしゃっていて、私が着いた時には既に2Fのリスニングシームから美音が小音量ながら聴こえています。
b0350085_01245178.jpg
b0350085_01243142.jpg
WS-825も健在です。

余談になりますが、皆さんはオーディ仲間の音を聴きにいったりなさいますか?私の周りではそういう交流がものすごく盛んで、毎週末誰かしらのリスニングルームでオフ会が行われているような状況ですが、仮に皆さんが知り合いの音を聴きにいくとして、何が目的になるでしょうか。

私の場合は第一の目的は機器の健康状態を確認することになりますが、皆さんの最大の目的は、機器の組合せだったりセッティングだったり、何か自分の音の向上に資するものを見つけたい・・・という動機が一番大きい筈です。
b0350085_05141703.jpg
Oさんの機器。プリはSV-310,パワーはSV-501SEとSV-4。ターンテーブルはSV-A1です。OさんのシステムでFさんが聴かれたのは諏訪内晶子さんのヴァイオリンでしたが極めてクリアで音に或る輝きを感じました。その理由の一つがテフロン単線ケーブルとテイクティのBATPUREだった・・・かもしれません。
b0350085_01232873.jpg
写真ではサイズが分かりにくいかもしれませんが、爪の大きさほどのBATPUREがきちんとした意図をもってセッティングされているのをみると少なくとも「これがあると効果がありますか?」と訊きたくなるのが人の情。

私が今から10年ほど前に試した時には主になるスピーカーとの能率的マッチングがとれていることが重要だと感じましたが、Oさんのようにバイアンプにしてレベル整合がとれていた(=見かけ上の能率を上げることが出来た)ことが大きかったのかもしれません。

何でもそうですが「こんなの無意味!」と斬って捨てた瞬間に此方が享受できるものもゼロになります。まずは虚心に「声なき声を聴く」ことが大切です。そして常に「何か理由はないか」という探究心を持つことが更に大切です。

地元に帰って今日は午後から第二にMさん,Iさん,Oさんが遊びにいらっしゃいました。お三方とも我が家は二回目。今回のテーマはSV-192A/Dを使ったアナログ音源のデジタルアーカイブとハイレゾ再生の基本的なスタイルについてのワークショップ的な内容でした。5時間近く掛かってしまって恐縮でしたが、少しはお三方の知的好奇心を満たすことが出来たのであれば幸いです。

いつも思う事ですが”Ask, and it shall be given you”(求めよ、さらば与えられん)が何事にも大切な気がします。三人をお見送りしたあと、知り合いがいる某雑貨屋を覗いてきました。この店はストリート系,サブカル系の小物,書籍には定評があり、ファッションアイテムなども充実しているのですが、特徴的なのはその陳列方法。まるで鬱蒼と茂る森の中を逍遥するように曲がりくねった売場導線を歩く必要があるだけでなく、普通は「こんなところに商品を置かないでしょ!」というような場所に敢えてディスプレイしてあったりするのです。
b0350085_01115820.jpg
許可を得て撮影させていただいています

手の届かない天井から商品が掛けられています。同じものが棚にあるかといえば、それがないんです!

つまりこの店のコンセプトは「お宝は自分で見つけるもの」ではないかと前から思っていました。「良いモノあったから買っちゃった」ではなく「面白いものを見つけたんだ!」という主体的感覚。この求道的感覚こそが趣味の世界にも必要ではないかと感じています。

オーディオは待っていても答えを出してはくれません。自分でトライする,修正する,答えを出す…この不断の繰り返しが結果的に世界に一つのマイサウンドを築きあげる唯一の方策です。皆さんも何でも結構ですから是非トライしてみてください。必ず答えは出る筈です。



by audiokaleidoscope | 2015-04-06 06:08 | オーディオ | Comments(0)

(3/21)夜会&朝会

皆さん、こんにちは。

昨日の夜は「夜会」。仕事帰りのひと時を試聴室で過ごそうという不定期開催の企画です。真剣にアンプの差を比較するような事はせず、それぞれお気に入りの音源を持ち寄って色々とお喋りしながらリラックスする・・・そんな時間。自分の選んだ音源(演奏)の凄さを滔々と語る人もいれば、静かに微笑みながら耳を傾けている人もいる・・・世代も人柄も好きな音楽も全く違う人たちが集い、何故かそれが10年以上も続いるのは、皆音楽が好きでオーディオが好きだからでしょう。何とも不思議な感じです。

そして今日は第二で「朝会」。これも不定期で仲間が第二に集まる企画です。どちらかいうと喫茶店でモーニングを喫する替わりのようなものかも(笑)。今日は県内のハム(アマチュア無線)クラブの有志の皆さんが遊びにいらっしゃっています。
b0350085_10281101.jpg
Tさん撮影の第二

今日は午後からHさんの家に伺います。MIDのセッティングを見直されたということでその効果のほどを聴かせて頂こうと・・・週末の昼間は大抵誰かの家に伺って音を聴かせていただいていますので、これは恒例「昼会」ということになるでしょうか。今日も10数年来変わらない週末の過ごし方になりそうです。

では皆さんも良い週末を!



by audiokaleidoscope | 2015-03-21 11:15 | オーディオ | Comments(0)

音楽とオーディオの交差点

皆さん、こんばんは。今日はとても寒かったですね。北のお客さんからは雪景色の写真が届いて、冬本番の到来を感じています。

9月からブログを始めて(再開して)もうじき2か月半。何が一番変わったかと言えば試聴のお客さんが再開前と比較してほぼ倍増した事を挙げておきたいと思います。とても有難いのは初めての方は勿論、旧くからのお付き合いのある方と再会する機会がとても増えたことです。

昨日は横浜からIさんがお越し下さいました。Iさんのことは以前の記事で書かせていただきましたが、或る演奏家のご紹介で10年程前にQUADのアンプのメインテナンスをさせて頂いたのがご縁の始まりでした。それが先日ひょんな事からIさんが弾かれる演奏会にお邪魔させていただく僥倖を得て、そこからお付き合いが再開したのです。その時初めてお目にかかって「こんどまたショールームに遊びにいきます」と仰って下さっていたのですが、こんなに早く実現するとは!

Iさんのキャリアについては詳しく知らなかったのですが、'61年日本フィル入団。その後、読売日響を経て'74年N響、現在はフリーの立場で様々な演奏活動をされていらっしゃるとのこと。極めて貴重な半世紀ほど前の演奏会のパンフレットや写真などを見せて頂いて、当時のクラシック界のお話をたくさん伺いました。

半世紀以上演奏活動をされてきて、印象的だったステージとかソリストの演奏があるんじゃないですか?・・・なんて話になった時、Iさんが「それは幾つもありますよ!フランク・ペーター・ツィンマーマン(Vn), ヤーノシュ・シュタルケル(Vc),ルドルフ・ゼルキン(Pf),ミクローシュ・ペレーニ(Vc)・・・そして何より一緒に弾いていて感動したのがアルトゥール・ルービンシュタイン(Pf)でした。たしか’66年だったと思いますが、いやあ、本当に素晴らしかったですよ。伴奏しながら体が震えるくらい感動してね」と遠くを見るような目でお話になっていました。

Iさんとお話していて、Iさんの後輩にあたるTさん,Mさん,Nさん・・・皆さんヴァイオリニストで何故か全員SV-91Bをお使いという話などで盛り上がって思わずTさんに電話。今度Iさんのご自宅にお邪魔させていただくタイミングでTさん宅にも伺って91Bの健康診断をさせて頂けることにもなりました。これもIさんのご縁のお陰。趣味で繋がった関係は何よりも強い、とよく言われることですが、この仕事をしていて何より嬉しいのは世代や仕事は全く違っても直ぐに音楽という共通の言語で通じ合える事です。

今日いらっしゃったMさんもそんな方。以前からお付き合いのあるKさんのご紹介で初めて今日ショールームにいらっしゃったのですが、何だか初めて会った気がしない。いらっしゃる前からメール等でやりとりしていたこともあるからかもしれませんが、同好の士が遠くからいらっしゃる、というだけで何か高まるものがあるのです。

Mさんは大変クラシックに詳しい方で、近々オーディオを更新したい由。音や演奏に対する様々な想いを伺って、スピーカーは現行品であればHarbeth/compact7,ヴィンテージ系であればTannoy/レクタンギュラーヨークあたりが合うんじゃないかという話をしていて、Mさんが「その昔、一度だけオートグラフの音を聴いたことがあるんだけど、出来ればもう一度聴いてみたい」ということを仰ったので、その足で第二に向かい、改めてMさんの持ってこられたCDを聴かせて頂きました。

タンノイの上手い鳴らし方の要諦はセッティングと合わせる機器の組み合わせによって音像と音場のバランスをどれだけ取るか・・・言い換えればどれだけ明晰な定位感を出しながら拡がりを出せるかにかかっていると考えます。スピーカーセッティングの方法についてはまた改めて詳しく述べますが、ひと言でタンノイといってもオートグラフ,GRFメモリー系とウエストミンスター,カンタベリー系では合うアンプは真逆と言っても良いくらいに異なる訳で、ひと言でタンノイはクラシック・・・という平板な話ではないですし、ハーベスの場合はポリプロピレンのウーハーならではの質量感のある低域とツィーターのバランスを取るためにはシングルよりもむしろプッシュプルの方が合う場合もあるのです。

そんな話をしていたら、あっという間に周りが薄暗くなってきました。スピーカーが決まってからアンプ選びに入りましょう、と再会を約束したのですが、Iさんのように10年後でも20年後でも「やあやあ!」という感じでお会いできるといいなあ、と思っています。

よく「週末は試聴無理なんですよね?」というお問い合わせを頂きます。基本会社はお休みですが、体が空いている限り喜んでお付き合いさせて頂いています。かなり先までスケジュールが入っていますが、どうしても土日しか難しいという方は出来ればお早目にご一報頂ければ幸いです!ショールームは音楽とオーディオの交差点・・・楽しいですよ!


by audiokaleidoscope | 2014-11-14 04:50 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧