<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

(1/28)甦ったパラゴン

今回の上京の総仕上げは横浜のYさん宅のパラゴン詣で。久しぶりの再会です。
b0350085_01205521.jpg
LM86BとSV-310を納めさせて頂いて暫く経った頃。Yさんから「片chの375(コンプレッションドライバー)が大音量時にビビってるみたいなんだよね」とご相談があったので、迷わずご紹介したのが山形の我が友「オーディオラボ オガワ」の佐藤さん。Yさんと相談して「どうせやるなら完璧を目指そう」ということになって、通常ですとユニット+ネットワークを外して送るのですが、今回はピアノ運送さんにお願いしてエンクロージャーも含めフルオーバーホールしようということになりました。運賃だけで立派なスピーカーが十分買える金額ですが、相手がパラゴンともなればお願いする側も覚悟が決まっていました。

暫くして佐藤さんから連絡があり、つぶさに状況を伺うと、単純な経年変化による劣化だけでなく、前オーナーさんが誰かに頼んだか、ご自分でやられたかは知る由もありませんが、かなり残念なメインテナンスがされていることが分かりました。例えばウーハーのエッジ張替えが非常に雑だったりエンクロージャーの接合部が内側からコーキング剤がベタベタに塗ってあったりとか・・・。佐藤さん曰く「高級PARAGONがこれでは本当にかわいそうですよ」(原文ママ)という状況でしたので、Yさんがパラゴンを買ったお店に連絡して販売前のチェックはどの程度されたのか確認したところ「アンプを繫いで音を出してまあ問題なかったのでそのままで・・・」という体たらく。これでは何を言っても始まらないので、エンクロージャーの完全オーバーホールは勿論、ユニットのリコーン,ネットワークのターミナル更新に至るまで、ありとあらゆるメインテナンス(新品復帰)を目指しました。

要した期間は1年弱。全国のオーディオマニアから信頼篤いオガワさんだから順番待ちも仕方ない・・・そう思いながらも実に長い時間でした。やっと久しぶりにその美しい外観(仕上げ)と再生音の素晴らしさに陶然としたひと時でした。
b0350085_01205643.jpg
ビビっていたと仰る375の帯域のキレの良さはまさにホーンスピーカーの本領発揮。理想スピーカー=巨大なフルレンジのようであるべき、を地でいく自然さとスケール感はパラゴンならではの稀有な世界。
b0350085_01205586.jpg
私が一番ビックリしたのはこのアングル。見えないところにも一切手を抜かない職人魂が背面の仕上げに現れています。元の状態を知っている私は最初、作り直したの?と思ったほどのピカピカの仕上げ。塗装もオリジナルと全く見分けがつかないほど近似しています。経年変化でMDFがボロボロと脱落している個体も多いパラゴンですが目止めも完璧。これからあと半世紀以上確実に使えるでしょう。
b0350085_01205634.jpg
ウチのLM86BとSV-310はパラゴンの後ろ側に鎮座。仰々しさがなくスッキリとしてインテリア的美しさを際立たせる配置。個人的にはどうしても見えるように置いてしまいそうで・・・笑。
"
b0350085_01205546.jpg

パラゴンが居ない間、留守をしっかり守ったJBL/アキュのマルチシステム。Yさんは"両方交互に聴くと、双方の良さを再確認出来て良いんだよね"とニッコリされていました。いろんなことがありましたが、結果的には大正解のパラゴンフルオーバーホール。もしお手持ちのスピーカーの状態に不安のある方は是非ご連絡下さい。しっかりサポートさせて頂きます!




by audiokaleidoscope | 2017-01-30 02:10 | オーディオ | Comments(0)

(1/26)波乱の幕開け

朝4時半すぎに家を出て東京へ。ノリウチ(現場入り当日の本番のこと)のキツさを感じた今日の収録でした。一時はどうなるか…と思った二本録りでしたが無事終了しました。

何が大変だったかというと一本目"世界最初期の真空管アンプを聴く"というテーマで持ち込んだウエスタン20年代のアンプ。スタジオで接続してみると…
b0350085_08015746.jpg
手前のWE7Aが元々ハイインピーダンス仕様(現代の真空管アンプが数Ωの負荷を想定しているのに対し、7Aはマグネチックホーン用アンプのため出力が4k~10kを想定している)なのでスタジオのミキサーとインピーダンスマッチングが取れず、再生音が本来のものとかけ離れて泣く泣く断念。7Aの出力端に10kΩの抵抗をターミネイトするなど色々やってみたのですが、残念ながら今回は見送ることにしました。またチャンスがあれば本来のマグネチックスピーカー(518Wあるいは540AW)の前にマイクを立ててアコースティックに録音したものをオンエアで使えればと思います。

急遽代打で登場したのが上の写真奥のWE95A。このアンプはWE91AやWE86Bの600Ω出力から信号を貰い、当時映画館の映写室でモニターアンプとして使用されていたものです。これも1920年代の個体。
b0350085_08015617.jpg
当時95AはTA4189という励磁タイプの8インチフルレンジスピーカー(インピーダンス7Ω)を使用していたので、これなら使える筈と思いテストしたら無事いい音で鳴ってくれました。残留ノイズが多めでリスナーの皆さんにはお聴き苦しい点もあるかと思いますが、オリジナルWEアンプの音を聴ける機会は滅多にないと思いますので、是非3月前半の回をお聴き頂ければと思います。

7Aが使えないこともあって予定が大幅に狂ったこの回。しかし転んでもタダでは起きない我がチームが急遽繰り出したのが新作ターンテーブル(試作)をオンエアで聴いていただこう!という奥の手でした。欧州から届いたニューカマーです。
b0350085_08015759.jpg
カートリッジは60年代のSPU-G。通称"プラシェル"と呼ばれているそうです。このプレーヤーのキモはベルトドライブであること、ユニバーサルアームであること。価格的に妥当であること。この三つのポイントを満たすべく、現在も様々な検証を行っている真っ只中である訳ですが、最も重要な音質を聴いていただく機会になればと思い敢えて収録で使用した次第です。アンプはSV-91B(PSVANE WE仕様)を使いました。
b0350085_08015607.jpg
まだ半年かかるか一年かかるか分からない代物ですし、他のラインで別の試作も起こしていますので慎重に検討を重ねて製品化を目指していこうと考えています。

そんな訳で一本目は何とか終了。二本目はリスナーズリクエストによる原点回帰プロジェクトの第一回でした。この放送を通じて真空管アンプの面白さ、奥深さがだんだん分かってきた。是非もういちど入門編から具体的に音を聴きながら真空管アンプのイロイロを勉強してみたいというメールが沖縄のTさんから届いたのがきっかけです。

その第一回は"~はじめての真空管アンプ選び~シングルアンプの魅力に迫る」と題し、SV-S1616Dの全モデル(多極管,2A3,300B)すべてを使用してシングルアンプとは?多極管と三極管の違いは?2A3と300Bはどう違うの?…という疑問に全てお応え出来る内容になったのではないかと思います。
b0350085_08015828.jpg
b0350085_08015769.jpg
今回もYさんが頑張ってくれました!今までの例に倣い、リファレンス曲を用意。今回はホリーコールの"Don't Smoke in Bed"から一曲め"I Can See Clearly Now"をピックアップし、イントロのベースの沈み込み,ピアノの抜け、ヴォーカルのサシスセソ(子音的要素)のニュアンスを中心に比較しています。このソースは発売後既に20年以上を経過していますが、いまでもオーディオチェック用の重要なリファレンスの一つですので、まだお持ちでない方には是非!というところです。この回のオンエアは3月後半。要チェックです!!
b0350085_08541974.jpg
という訳で体力的には極めて厳しい一日でしたが、今回もTさん,Yさんのおかげで無事収録を終えることが出来ました。ふぅ~お疲れさまでした!!







by audiokaleidoscope | 2017-01-27 08:59 | オーディオ | Comments(0)

(1/25_2)明日から5日間の旅

明日から土曜まで東京。そして日曜,月曜と神戸へ。まず明日はMUSIC BIRDの収録。レポートは改めてするつもりですが今回のネタも凄いです!そのうちの一つはこれ!
b0350085_21415921.jpg
世界最古の真空管アンプ、Western Electric 7A! 1922年から1927年に生産された216Aのプッシュプル。当然モノラル。当時は518W(マグネチックホーン)を鳴らしていました。
b0350085_21484086.jpg
これをです!今回"大放談"の中で鳴らしてみようじゃないか!という訳。製造されて90年(以上)経ったアンプの音を放送で聴けるという今までも、これからもまず有り得ないチャレンジを前に会社で特性の確認をしたのが上の写真です。

出力はなんと0.3W !!周波数特性も残留ノイズ特性も現代の真空管アンプとは比較にならないこのアンプが聴かせる音はどんなものか…そう思うだけでもナンだかワクワクしますよね!実際ミキサーに信号を入れてレコーダーを回して使えるかどうかを判断した上での収録にはなりますが、何とかなればいいなあ(したいなあ)と思いつつ、車に積んでいきます。もう一台最初期のシアターユースのWEオリジナルアンプも持っていきますので、上手くいけばオンエアで聴いて頂ける筈。

そのほか、今回も隠しネタ満載の収録になりそうです。明日のレポートをお楽しみに!では行ってきま~す!




by audiokaleidoscope | 2017-01-25 22:02 | オーディオ | Comments(0)

(1/25)今週土曜発売の管球王国

今週土曜(1/28)発売の「管球王国」では待望の211/845特集ということで試聴記事としてSV-S1628D,SV-284Dが掲載の予定です。
b0350085_08014208.jpg
クリックで拡大

私どもから編集部に提案したのは是非SV-396EQ(フォノEQ),SV-300LB(プリ),SV-284D(パワー)のシリーズモデルの音を聴いて頂けないか…ということで284Dは最強バランスド・シングル(MONO)モードでデモ機をお送りしました。結果(内容)については私も発売を楽しみに待つしかない訳ですが、取材レポートがプレビュー的にアップされていますので、是非ご覧下さい。
SV-396EQは845の音調に最も合う、高解像度,ハイディフィニッションな再生音を目指しつつMCトランスに橋本HM-3を標準装備した新世代のフォノEQ。良い音しますよ!!




by audiokaleidoscope | 2017-01-25 09:01 | オーディオ | Comments(0)

(1/24)"おりおん"さんでSV-S1628D/211を聴こう!

年末年始のお休みに組立て始めたアンプが完成しました!というご連絡が多いここ数日。

出来上がって恐る恐る電源を入れ暫くして音が出始めた時の感動は何物にも替え難いものがあります。完成に至るまでの苦労も吹き飛ぶ瞬間。旧店主日記の頃から何度となく書いてきたことですが、私が小学2年か3年の頃、訳も分からず初めて作ったゲルマラジオキットのクリスタルイヤフォンから微かに人の声が聴こえてきた時の爆発的な感動と不思議…その頃から"いつの日か、宇宙の不思議,人体の不思議,電気の不思議…そのどれかを仕事に出来たらいいな"とずっと思ってきました。人生イロイロ,アンプも1616…紆余曲折を経て今日此処に在ることを本当に嬉しく思います。

今日はそんな仲間から届いたメッセージを幾つかご紹介させて頂きます。SV-P1616D/EL34仕様を完成された東京のTさんからは…。

こんにちは。ようやく完成させることができました。
電圧が正常値を指したときは感動しました。
ここ三週間ほど、穴のあくほど配線図をにらみ、ハンダ付けを繰り返しました。
その結果、コンデンサの付け間違えとかにも気づけたので、よかったです。
いまは安定して、とてもいい音で鳴っております。早速オイルコンデンサに付け替えました。
(苦しくも)楽しいDIYの時間をありがとうございました。
これからコンデンサの付け替えも含め、いろいろ試したいと思います。

Tさん、有難うございました!詳しいことは分かりませんが、ひょっとして初めてのアンプ作り…だったのかもしれません。技術担当とのメールのやりとりをずっと拝見しておりました。見事完成!おめでとうございます。私もTさんの最後のメールを拝見した時は同じくらい感動しました。

続いてはSV-S1628Dを組まれた宮城のKさんから。

(第一報)
サンバレー845とSV-S1628Dは、低音がすごいです。
ベースの音程がはっきりして、軽々と音が出て来ます。量感も充分です。
出来るだけ、慣らし(エ-ジング)します。
音が、どのように変わっていくか楽しみです。
ありがとうございました。

(第二報)
昨日、今日とSV-S1628Dを聴いています。
SQ-88と切り替えて、音の違いを楽しんでいます。
ピアノトリオ中心に聴いています。
始めは低音の素晴らしさに感激しましたが、
今は、シンバルの音に感激しています。
SQ-88は10年以上聴いているKT88の
プッシュプルで、とても好きな音なのですが、
SV-S1628Dのシンバルは、いいですね。
解放感があり、楽々と音が拡散されます。
変な表現ですが、SQ-88より少し高いところから
シンバルが聴こえてきます。
エージングが進めば、音も変わってくるのでしょうね。
久しぶりにオーディオに没頭する日々を送っています。
ありがとうございました。
b0350085_13335931.jpg
Kさん、コメント有難うございます。組立時の苦労話はおりおんのマスターから伺っています。様々な苦労の分、愛着も増して余計に良い音で聴こえる部分もあるのかも(笑)。どうぞ末永くご愛用頂ければ幸いです。

そのKさんのSV-S1628Dを211仕様で聴けるチャンスがもうじきあるようです。仙台市のcafeおりおんで他の自作211アンプとの比較試聴が出来る絶好のチャンス!
b0350085_14043431.jpg
マスターに伺ったところ、キット屋枠で先着3名様ご参加OK!というご連絡を頂きました。受付は1/26(木)以降でお願いします!と仰せつかっておりますので、サンバレーのアンプを聴いたことない!という方は是非マスターに電話で直接お申し込み頂ければ幸いです。

まだまだ寒い(というか今が一番寒い!)時期ですが、くれぐれもご自愛いただき、真空管アンプを暖房器代わりに心身ともに温かくお過ごし頂ければ幸いです!



by audiokaleidoscope | 2017-01-24 14:14 | オーディオ | Comments(3)

(1/20)東京試聴会詳細決まる!その傾向と対策とは?

少々のご無沙汰でした!今日の夕方東京試聴会の概要アップ完了しました!今回の試聴会は全コマフリー(予約不要)で行います。気軽にご参加頂ければ幸いです!内容もいつもと変えて自作派の方にも非自作派の方にも参考になる内容を目指しました。キットメーカーのデモではなくて全てのオーディオファンに向けたメッセージが発信できたらいいなと思っています。

まず日時と場所です。
b0350085_19312274.jpg
つまりいつもと同じ損保会館ですね。御茶ノ水駅の聖橋口か秋葉原駅から向かって頂くのが良いと思います。駐車場もあります。そして今回のデモプランは…
b0350085_19312347.jpg
まず最初に基調講演…というと少々大袈裟ですが、副題"はじめての真空管アンプ選び"的な内容でパワーポイントの資料を基に実際音を聴いていただきながら自分の求めるアンプが誰でもイメージできるセミナー的内容を検討しています。それに併せ今回かわら版も完全リニュアル。なんだか電気の専門用語ばっかりで余計に分からん!という事のないモノにしたいと考えているのです。

そしてその後は有名メーカーの人気機種と同じソース,同じスピーカー,同じ音量でバッチリ比較出来るようなコンテンツもご用意。タイトルこそ"VS"なんて書いていますが、内容的にはそれぞれのメーカーの音の魅力(長所)を掘り下げていきたいと考えています。

二日目は少々奥深いテーマ。youtubeでアップさせて頂いているMUSIC BIRDのコンテンツとの連動企画といっても良い内容です、ネットではカットせざるを得ない音源も試聴会ではたっぷりと聴けますので、更に印象も鮮明になるのではないでしょうか。300Bの聴き較べではPSVANE 300B,PSVANE WE300B,Prime300B ver.4/ver.5,本家ウエスタン300Bも登場予定です。

続いての普及モデル/高級モデルの比較試聴も乞うご期待です。同じシングル(プッシュプル)でも価格が3倍(以上)も異なるモデルを同条件下で比較。音の違いは果たしてあるのか、ないのか?…ご参加の皆さんの判断は如何に!?的な内容になること請け合いです。

これが今回会場に持っていこうと思っている機材!真空管オーディオフェアよりも更にボリュームアップしています。エレキット,トライオードのアンプも加えたら20台を越える勢いで、実際収拾がつくのか少々不安もありますが、テーマに沿って総花的にならないよう内容を固めていくつもりです。
b0350085_19501112.jpg
ちょっと気になるのが右下の小さい文字。"参考出品"なんて書いてありますが、まだ届いたばかりのサンプルを少しだけ画像でお見せしたいと思います。
b0350085_19553804.jpg
b0350085_19554130.jpg
昨年から様々な紆余曲折を経てここまで来た3rd. Trialモデル。今回は欧州からやってきたこのサンプルを初出しでご披露したいと思います。

そして今回もミニコンサートがあります!大放談のゲストに出演いただき、好評を博した小馬崎さんがナマ演奏を聴かせてくれることになりました。アコースティックギターの妙なる調べを心行くまでお楽しみください!

そして今回もご来場頂いた皆さん限定のスペシャルプランも様々ご用意しています。音源の販売も予定していますのでお楽しみに。LPだけでなく小馬崎さんのCDやDSD5.6MHzディスクも持っていく予定です。大変寒い時期で恐縮ですが、今回も損保会館は熱く燃えます!是非多くの方と交流できれば幸いです!!



by audiokaleidoscope | 2017-01-20 20:00 | オーディオ | Comments(0)

(1/7~8)兵庫,大阪,京都めぐり

この週末は久しぶりに関西方面へ出かけてきました。まずは兵庫のKさん宅へ。
b0350085_23324743.jpg
主役はA7。この個体は私の記憶ではドライバー802,ウーハー803,ネットワークN-1285,エンクロージャー828C。調べてみたら納品に伺ったのが2005年6月…ということは10年半ぶりの再会ということになります。その他のアンプたちも皆元気でとても良い音で鳴っていました。オーディオは家と同じで使うことが大事。家も空き家にするのが一番傷む訳で、毎日灯を入れることが長持ちの秘訣です。特にアンプは長い間使わないとケミコンの活性が下がりキャパシタンスが落ちますので、なるべくケミコンに電荷がチャージされている状態を維持することが重要。"ウチのアンプは新品同様。キレイに梱包して15年間大切に押入れにしまってあるからね"というのが実は一番危うかったりします。KさんはSV-353を駆使されてプリ:SV-722とSV-310,パワー:SV-9T,SV-501SE,SV-91Bを順番に鳴らされているそうで、その効果もあってどの組み合わせも音の荒れがなく、極めてスムースな音を聴かせてくれてひと安心でした。

兵庫を出て大阪へ。大阪では挨拶周りを兼ね幾つか大手ショップを訪問。
b0350085_23540478.jpg
この業界は若い方のピュアオーディオ離れを危惧する向きもあったりしますが、売れている店はどんどん売れている訳で…というよりも新たな需要やトレンドを創出できる店は世の中の景気に関係なく伸びていることを知って大変インスパイアされました。私どもの場合は原点回帰の16シリーズのヒットで昨年は忙しかった訳ですが、2017年はデジタル/アナログ両面でフロントエンド(入力系)の準備を進めていければと思っています。

大阪で泊って翌日は京都へ。Oさん宅へLM91A用にスペシャルチューンしたSV-300LB(WE300B仕様)を納品がてら音を聴かせて頂きました。
b0350085_00131357.jpg
300BはOさんのストック。SV-300LBの解像度は高さ+300Bならではの解れ感の共存した表現を活かしながらLM91A寄りのヴィンテージ的薫りを加えたチューニング。他の組み合わせでは得られない圧倒的リアリズムを引き出すことが出来たなあ、と。
b0350085_00131871.jpg
LM91A(Western300B+274B刻印)も完調!この絹擦れのような音触感は何度聴いても堪りません。
b0350085_00132560.jpg
Oさん宅を出て直ぐ帰るのも勿体無いので、車で5分ほどの清水寺に詣でてから帰ってきました。1月末には再び神戸方面に出掛ける用事も出来て今年は西向きが私の恵方(吉方)になる予感も…とても楽しく有意義なプチ関西巡業でした。



by audiokaleidoscope | 2017-01-10 00:31 | オーディオ | Comments(0)

(1/5)冬休みレポート& youtube新規投稿

会社的には明日が仕事初め。私の地下活動も今日でお終いということになります。例年スクランブル出動して物流センターに走ることが幾度となくある年末年始。もうずっとこんな生活なので馴れっこですが、今回のお休みは奇跡的に何のトラブルもなく有り難いことでした。

そんなお休みの間、PCでは"よいお年を!"や"本年もよろしく"といった沢山の交流があったわけですが、一番多かったのはSV-S1628Dの"出来ました!"というご連絡。大物手配線アンプだけに私も常時マニュアルを持って何かあった時に直ぐ対応できるようにしていたのですが、幸い此方もノートラブルで多くの方が味わって下さったモノづくりの感動を共有させて頂いています。

そんななかで埼玉のMさんからはこんな写真が。
b0350085_10393392.jpg
MさんがSNSでアップされていた写真の転載を快諾いただけたので皆さんにもご紹介させていただきます。他にも大阪のWさんからは

新年明けましておめでとうございます。
年末に届いたSV-S1628D完成いたしました。正味30時間弱かかりましたが、久しぶりのキット
製作を楽しませて頂きました。キットが届くまでは不安もありましたが実際作業してみると
電源部やDC点火ユニットなど、組立が厄介で間違うと後々面倒な部分が基板化,ユニット化されて
いて非常に作りやすかったというのが第一印象です。単なるバラキットでなく手堅く機構設計
されていて御社のキャリアの長さを感じました。また組立説明書も大判で分かり易く快適に組立を
進めることが出来ました。

御社キットを作るのは3機目ですが、1616シリーズはキットならではの楽しさと完成度の高さ
で魅力を感じるユーザーも多いと感じます。出来ればプリアンプもラインナップに加えて下さい。
ありがとうございました。

というメッセージも頂戴しています。いまも奮闘中!という方も沢山おられると思いますが頑張って下さい!

そのほか、このお休み中にフィードバックが多かったのは何と言ってもMC-3+USBでした。

オーストラリアのHさんからは

MC-3+USBの使用条件は、音源ファイルはJRiverのMedia Center(Ver 22.0.52)を使っ
てDSD Nativeの出力ファイルに変換して、MC-3+USBに送っています。MC-3+USB
のワードクロックをWCLK OUT 1 (A, B) を使って、SV192SとCECのCDトランスポートと
同期させています。
出てくる音は今まで聴いたことがない音で、ビルエヴァンスのWaltz For Debbyのバックの
会話がほとんど分かるまで、臨場感が出ています。グラスのぶつかる音もワイングラスか
スコッチ用のものからか、分かる気がします。すごいですね!

愛知のOさんからは

さて、MC3+USBですが、大切な感想を忘れていました。
・何もないところから音が出る
ということです。実際の楽器と同じ発音になりびっくりしました。SNが改善されるのでしょうか、
発音前のサーという音が極小になっていました。平面的な音楽が立体的になるのはMC-3+と同じ
ですが、余分な音が無くなるのでより原音に近付きます。


茨城のNさんからは

ブログを見てMC-3+USBを導入しました。
これはすごいですね!
セッティングして音を聴いた瞬間、今までに聴いたことのない音場空間が広がりました。
もともといい音の音源だけでなく、それなりの音源でも一定の効果が得られるので、もう元には戻れません!
それに、ネットラジオやテレビ、BD、DVDの音までよくなるので一石三鳥です!
昔、3次元YC分離回路を搭載したビデオのCMで、 ”昔録ったビデオもきれい!” というフレーズがあった
のを思い出しました。
今持っている音源を最高の音質で聴けるのは本当に画期的で、16万円と庶民には
高価ですが、
値段分の価値は十分にあると思います。
またいいものがあれば紹介してください。

都内のMさんは

今まで別のクロックを使ってきましたが、MC-3+USBに替えるとパッと霧が晴れる。元に戻すと明らかに音が
曇ることがはっきり分かります。DSD in, PCM outという点が唯一の懸念材料でしたが全くの杞憂であることが
分かり、いい買い物をしたと思っています。SV-192PROとのマッチングも素晴らしく満足しています。

等のメッセージも頂いています。ちなみに我が家でも会社のMC-3+USBを借りてきてずっと鳴らしていますが、PCオーディオ環境下における音質向上は著しく、Mさんが仰るように外すと明らかなエッジの後退を感じて、これなしでPCオーディオが出来なくなりそうです。
b0350085_11301297.jpg
クロックに関しては"そんなの関係ねえ!"と仰る方も沢山おいでになると思いますが、一度使ってみれば使用された皆さんの仰ることを理解頂けるはず。この"未体験ゾーン"の音に是非触れて頂きたいと思います。

そして今年最初のyoutubeは
スペシャルゲスト小馬崎達也さんと仲林利恵さんが登場!著名な演奏家としてだけでなく、オーディオマニアとしても知られる小馬崎さんの超絶高音質盤をリファレンスとしてサンバレーの旗艦モデルSV-284D,SV-91Bを比較試聴しています。標準球だけでなくヴィンテージチューブを使ったスペシャルバージョンの音も聴けるチャンス。ぜひお楽しみください。


そんな訳で、明日から日常が戻ってきます。ちょっと寂しく、ちょっとホッとする…そんな1/5です。
by audiokaleidoscope | 2017-01-05 11:38 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧