<   2014年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

大晦日に想う・・・自分の居場所

皆さん、こんばんは。今ごろは皆さんご家族と一緒に紅白をご覧になっていらっしゃることでしょうね。私の今年の仕事納めは今晩22時からの「ハイレゾしばり」が終わる23時ということになります。

今日のプログラムは「2014年e-onkyoダウンロードチャート」!e-onkyo田中さんをゲストにお迎えし、今年を四半期に区切って其々の時期のトップ10から楽曲をピックアップしてお届けしています。今晩に限ってはノンジャンル!ジャズだけでなく歌謡曲,演歌までお掛けしますので是非お楽しみ下さい!

振り返ってみますと今年は特に後半、本当に忙しかったです!9月からのブログ再開によって生活が一変、旧日記を閉じてからの2年半の空白期間を繕い始められたことが最大のトピックでした。日々自分に起こった事を記録に留め、その時々の自分の想いを表現できる場を再び与えていただけた歓びはとても文字に出来るものではありません。外形的には同じ仕事をやっているようでも、日記を再開できて「自分の居場所」を再確認出来た・・・そんな気持ちです。それだけこの2年半はいろんな意味で葛藤した時期でもありました。

そして10月からのMUSIC BIRDで「ハイレゾしばり」を担当させて頂けたことも一生忘れられない出来事になりました。元々は2年ぐらい前でしょうか・・・JAZZチャンネルのプロデューサーから「続・キット屋店主のひとりごと」という特番をやってみないか、とお誘いを頂き、その後鈴木裕さんの番組のゲスト参加を経ていただけたチャンスです。

考えてみれば日記を閉じたことが逆にきっかけとなったラジオのお仕事。そういえば「ようこそ!オーディオルーム」も日記の代わりに・・・ということで声を掛けていただいたことが始まりでありました。2年半の綻びは容易に埋められるものではありませんが、日記を続けていたらラジオという「居場所」を頂くことは無かったかもしれません。人生というのはつくづく不思議なものだと感じています。

その他、今年よかったと思っているのは、長らく封印していた旧製品の生産を本格的に再開出来たことです。これからも復活だけでなくモデルチェンジや新規開発品もビシバシ出てくる予定です!

ただこの業界にも課題が幾つもあります。如何に若い方にオーディオに興味を持っていただくか、如何に真空管アンプのキットを通じてモノづくりの楽しさを一人でも多くの方に伝えていくか・・・これは私たちだけで何とか出来るような問題ではありませんが、何とか力になりたいと思っています。

明日から3日間は仕事を入れないで、ハンダごてを握りながら自分と対話しようと思っています。これから私たちは何処へ向かう(べき)なのか・・・そもそもこの仕事を始めたのは何故か、そして今なおこの仕事をやろうとしているのは何故か・・・自問自答してみようと考えています。その先に何らかの啓示あれば、唯それに向かって突き進むのみです。

皆さん、今年一年、本当に有難うございました!来る2015年が素晴らしい年になりますよう・・・。


by audiokaleidoscope | 2014-12-31 22:59 | オーディオ | Comments(0)

不意のトラブル

皆さん、こんばんは。昨日,今日と久しぶりにリラックスした時間を過ごしています。

昨日はNさん、今日はBさんとお仲間が第二にいらっしゃって(実は今も盛り上がってます!)楽しく時間が過ぎています。いわば束の間の休日を満喫している訳ですが、こんな休日にも色々な事が起こります。お客さんから「アンプの音が出なくなった」というご相談の電話が入って、状況から整流管の劣化→スパーク→FUSE断というトラブルのようですので、明日お邪魔して様子を見てきます。

仕事柄、過去からの経験とデータの蓄積で状況を伺えば大体何が原因なのか大よその見当がつくものですが、お客さんにとっては突然のトラブル・・・原因が何かということよりも音が出なくなったことに半ばパニックな訳で、場合によってはスクランブル発進もあることを前提としたお休みという感じです。

卑近な例ですが昨日、我が家でもちょっとしたトラブルが発生しました。Nさんがいらっしゃる・・・きっとアナログを聴かれたいんだろう・・・と思って事前に軽く音出しでもするか、と思い機器に灯を入れて徐(おもむろ)に針を下すとギィィィ・・・と大きなノイズ。おいおいおい・・・と思って凝視すると、あれ?スタイラス(針)がない!
b0350085_03293932.jpg
完全に折れちゃってますね。この無残な状況が何故起こったか・・・冬休みに入って連日子供の友達が第二の大画面でゲームをやっているので、本人たちが知らないうちにプレーヤーのアームに触ってスタイラスを飛ばしてしまったのでしょう。こういう事は誰の所為でもありませんし、場所を開放(提供)する以上は起こり得ることですので仕方ない訳ですが、その瞬間の狼狽は皆さんにもご想像いただけるかもしれません(笑)。

古(いにしえ)より「形あるものはいつか必ず壊れる」と言われますが、その瞬間に自分で対処できる場合と、そうでない場合がある訳で、こんな時ほど冷静さが求められます。先ほども1920年代(最初期)のオーディオの音を聴こう・・・ということになって久しぶりに電源を入れたら、音が時々途切れるではありませんか!
b0350085_03405160.jpg
ざっと調べても特に問題がなかったので、念のため真空管WE216Aのピン先を少し磨いたら復活。部品レベル単体では問題なくてもそれらが連携することで不具合を出すこともある典型的パターンです。

皆さんにもしこんなトラブルが起きた時は慌てず、落ち着いて客観的な事象を把握してから対処法を検討することが大切です。案外原因はシンプルで、適切な対処を行えばあっけないほど早く問題を解決することが出来ることも多いですから。事実、今まで17年間、自社製品で「これは修理が出来ません」というケースは殆どありませんでした。変に弄ると更に状況が悪化する場合もありますので、心配なさらず状況を正確にお知らせ頂ければと思います。

オーディオに限らず色々なトラブルが起こりますが、案外何とかるものです。私も休み中もメールはチェックしていますのでご安心下さい。



by audiokaleidoscope | 2014-12-30 02:05 | オーディオ | Comments(0)

ナマ放送、無事終わることが出来ました

皆さん、おはようございます。昨日は沢山の方がナマ放送を聴いて下さったようで本当に有難うございました!

マイナートラブルはたくさんありましたが、何とか無事追われたのではないか・・・自分ではそう思っています。同録(放送音源)を聴いていないので、ホントのところは良く分からないのですが、皆さんからのご連絡を拝見するとそれなりに楽しんでいただけたようでホッとしています。局のSNSにも載せていただきました。

b0350085_02072322.jpg
放送終了後の写真。Kマスター,キット屋倶楽部代表Sさん,特別ゲストMさん。おつかれさまでした!

b0350085_02100578.jpg
その後、軽く打ち上げを・・・ということでお邪魔したのが同局のパーソナリティSさんのバー。大人の隠れ家と呼ぶに相応しい非常に上品で寛いだ良いお店でした。

b0350085_02125383.jpg
※画像は全てご本人のご承諾のもと、掲載しています。

来月からはレギュラー枠(1時間)に戻ります。1月は方向性を大きく変えてクラシックロックの雄、Led Zeppelin特集です。ジミー・ペイジ,ロバート・プラント以上にボンゾ(ジョン・ボーナム)を愛する私の耳と心で選んだベスト・オブ・ベスト!曲目リストは改めてお知らせします。

そんな訳で今年の放送は残すところ12/31(水)22時~の「ハイレゾしばり」年間ダウンロードチャートのみ。いよいよ2014年もカウントダウン間近です。




by audiokaleidoscope | 2014-12-28 08:56 | オーディオ | Comments(0)

打合せ進行中!

皆さん、こんばんは!

今日の「ようこそ!オーディオルーム」2時間枠の生放送。久しぶりのジャズ特番ということでスペシャルゲスト3名をお招きして賑々しく進めようと思っています。

目下Sさん宅で最終打合せ中。メインルームのJBL(Wウーハー)が我が家からSさん宅にお嫁入りしたのが、もう10年近く前と聞いて驚きました。
b0350085_16410612.jpg
いまはSさんの書斎で最終打合せ中です。話し合っていると色々とアイディアも出てくるもので、曲の入れ替え,曲順の変更など折角の生放送が少しでも楽しいものになるように知恵を絞っているところです。
b0350085_16462720.jpg
※写真掲載許可:Sさん

時間は21時~23時。遠方の方はネットで聴いて下さいね!ブルーノートのオリジナルLPとハイレゾ音源の競演!これは聴き逃せませんよ!

※上記リンクから聴取が難しい場合はこちらからアクセスしてみてください!



by audiokaleidoscope | 2014-12-27 16:48 | オーディオ | Comments(0)

Kさんの音

皆さん、おはようございます。昨夜Kさん宅へ伺ってきました。久しぶりです。
b0350085_08243708.jpg
Kさん宅でお使い頂いている845ppが調子悪いということで一週間ほど前に実機をお預かりさせていただき、原因が分かったので処置を行い、昨日納品と言う名目でホントの目的は久しぶりに音を聴かせていただきにお邪魔したという訳です。

b0350085_08272405.jpg
オリジナル図面通りにバーチで作ったKさんのオートグラフ(ユニットK3808)。お納めしてから早5年というから時間の経つのは実にはやいものです。人が年齢を重ねていくようにKさんの音も重厚さと緻密さを増し、キレだけでなく中域の密度感が向上して、良い意味でフルレンジ的な鳴り方に変化しているように感じました。

b0350085_08405991.jpg
※写真掲載許可:Kさん

新たに仲間入りしていたガラード401。佇まいの美しさからして「道具」を超えた何かを感じます。

こうやって時々嫁に出した娘が嫁ぎ先で迷惑を掛けていないか、ちゃんと務めを果たしているか自らの目と耳で確認できるのはとても幸せなこと。いつまでも元気に頑張ってもらいたいものです。


by audiokaleidoscope | 2014-12-26 08:24 | オーディオ | Comments(0)

目先の情報より永続的バリュー

皆さん、おはようございます。イブはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私どもでは年内稼動日が明日(26日)までということで、締め業務に追われバタバタしています。「終りよければ全てよし」という言葉通り、なるべく越年の宿題を持たずに新年を迎えたいものです。

今週に入ってから主要取引先さんが年末のご挨拶にお越しになっていろいろなお話を伺う機会が多い訳ですが、「やはり」という事もあれば意外だなあ・・・と思う事も多々あって、今年下半期でかなりオーディオ業界も動きがあったんだ、ということを改めて感じています。必ずしも世の中の表面(例えば新聞誌上や雑誌、TVCMなど)で見えている部分がそのまま内情を示している訳ではない訳で、やはり自分をしっかり持っていないと進むべき道を見誤りかねない事を改めて自身に言い聞かせた次第です。

そういえばMUSIC BIRDも来年4月の改編期を前に素晴らしい取組みを始めつつあることを昨日伺いました。2月~3月には正式に告知されると思いますので、是非お楽しみになさって下さい!オーディオ好きな方にとっての朗報であることは間違いありません。

来年(以降)の私どもの製品計画はほぼロードマップが固まった段階です。具体的仕様などは年明けから詰めるかたちとなります。従来製品の復活(および定番化)と併せて更に厚みのある商品構成になるものと思いますので、ご期待頂ければと思います。

この冬休みは自分の頭を整理しつつ、幾つかのトライが出来ればと考えています。以前にも申し上げましたがLM91Aのキット化は可能なのか、というテーマ。完成品同様の配線仕様をキットで行うのは不可能と思われますので、逆にどうしたら出来るんだろう・・・ということを実機と図面をみながら検討したいと思っています。それと現在欠番となっている845アンプの後継機についても早期に具体化する必要があるでしょう。

また再販売させて頂いて非常に好評なSV-3の追加生産を進める一方で、この価格帯の製品も皆さんに望まれていることを再認識していますので、お値打ちなものからマニアックなものまでラインナップを充実していく必要性を感じています。

デジタルの分野でも来年あたり「次の波」が来るかもしれません。更なるハイレート化あるいは音源のリアルタイム変換など、業界内でも取組みが始まりつつある状況のようですが、私どもでは既存技術をしっかり保持しつつ、情報を集めて目先ではなく3年先,5年先でも通用する機器を開発することが重要と考えています。

b0350085_09134339.jpg
SV-192PRO。5年後,10年後も一線で活躍してくれる筈。

冒頭のお話に戻りますが、目先の情報や足許のトレンドも大切である一方、もっと重要なことは自分たちでしか出来ない何か、自分たちならではの永続的「バリュー」の構築ではないかと思います。ここは焦らずジックリ考えてみます。



by audiokaleidoscope | 2014-12-25 09:03 | オーディオ | Comments(0)

オリジナルLP vs ハイレゾ対決!!

皆さん、こんにちは。昨日はさすがに帰宅後バタンキューで夜半にゴソゴソ起きだして今週土曜の「ようこそ!オーディオルーム」年末スペシャル(2時間生放送)の音源準備にとりかかりました。

今回の年末スペシャルのテーマはズバリ!「オリジナルLP VS ハイレゾ対決!」です。マスターテープの音質に最も近いと言われるオリジナルLP(ファーストプレス)の音とCDよりも遥かに高品質(スタジオクオリティ)音質として急速に定着しつつあるハイレゾサウンドを同じ曲で比較してみようという恐るべき企画。どちらが優れているとか劣っているかという議論ではなく、オリジナルLPの魅力,ハイレゾならではの表現それぞれのメリットを理論でなく、楽曲を通して共有し、確認してみようという内容です。音源は全てブルーノートから選びました。恐らくこんな番組、嘗てなかったのではないでしょうか。

実際のところ「どれだけ違うのかな?」と思いながらLPとハイレゾ音源を自宅で聴いてみた感じでは、予想以上の差異があり、自分のなかでそれぞれの特徴が改めて確認出来て非常に有意義な時間でした。番組中で全タイトルをオリジナルLP/ハイレゾを比較は出来ませんが、数曲選んでA/B比較してみたあとは、それぞれの良さが際立つ楽曲をタップリ楽しむ2時間にしたいと思います。基本FMですが、ネット環境でも聴いて頂けますので12/27(土)21:00~23:00は是非空けておいてくださいね!

現時点で選曲は13タイトル14曲。
b0350085_09481898.jpg
BLP 84185 Horace Silver - Song For My Father「Song For My Father」


b0350085_09480954.jpg
BST 84291 Bobby Hutcherson - Total Eclipse「Matrix」


b0350085_09480045.jpg
BLP 1577 John Coltrane - Blue Train「Blue Train」


b0350085_09475236.jpg
BLP 1581 Sonny Rollins - A Night At The Village Vanguard「Softly, As In A Morning Sunrise」


b0350085_09474566.jpg
BLP 4153 Grachan Moncur III – Evolution「Air Raid」


b0350085_09473463.jpg
BLP 4157 Lee Morgan - The Sidewinder「The Sidewinder」


b0350085_09471613.jpg
BLP 4221 Larry Young – Unity「Softly, As In A Morning Sunrise」


b0350085_09470717.jpg
BLP 4264 McCoy Tyner - The Real McCoy「Passion Dance」


b0350085_09465562.jpg
BLP 4137 Jackie McLean - One Step Beyond「Saturday And Sunday」


b0350085_09464416.jpg
BLP 4112 Dexter Gordon - Go!「Cheese Cake」


b0350085_09463251.jpg
BLP 9002 Sheila Jordan - Portrait Of Sheila「Falling In Love With Love」,「When The World Was Young」


b0350085_09462305.jpg
BLP 4173 Wayne Shorter - Night Dreamer「Night Dreamer」


b0350085_09452759.jpg
BLP 4224 The Ornette Coleman Trio At The "Golden Circle" Stockholm, Vol. 1「Faces And Places」

※転載許諾e-onkyo music(ジャケット画像)


なお番組当日はゲストとしてグッドベイト神谷さんとキット屋倶楽部代表として清水さん、そしてスペシャルゲストとしてジャズ勉強中!現役女子大生「まゆまゆ」さんが参加予定です!お楽しみに!




by audiokaleidoscope | 2014-12-24 10:28 | オーディオ | Comments(0)

The Patricianを夜通し聴く

皆さん、こんにちは。今日は祝日。ブログアップお休みか?・・・と思われた方もいらっしゃったかもしれませんね。遅くなって申し訳ありませんでした。

私どもは今日も通常稼動なんですが、昨夜某所から「ザ・パトリシアンの出物あり」という情報があり、急遽出かけて夜通し聴かせていただいて早朝に帰宅&出社。そのまま会社の会議に突入してしまった関係でこんな時間になってしまいました。
b0350085_11342818.jpg
現在店舗で使用されているので写真は差し控えますが、外観も非常にきれいで情報通りの逸品!だいたいオートグラフと同じ大きさと思っていただくと大きさのイメージがお分かりいただけると思いますが、タンノイともクリプシュともひと味異なるニュアンスを楽しませて頂きました。

こういうヴィンテージオーディオを聴いていると、何でもカンでも新しいものが良い訳じゃない・・・大量生産,大量消費,大量廃棄が当たり前の現代が何処かに置き忘れてきた何かを感じざるを得ません。現地で待ち合わせたお客さんがお店のオーナーさんと商談されていたので良い話になるといいなあ、と思っています。とても贅沢なひと時でした。

ところでMUSIC BIRDのHPが更新され「ハイレゾしばり」1月の内容が告知されました。収録の様子は以前のブログでご報告させて頂いた通りですが、1月は間違いなくリスナーさんにとっての”神”月間になると思いますので、是非お聴き頂ければ幸いです。

「キット屋ユーザー特典」もまだ生きていますので、新春をMUSIC BIRDでスタート!という方は是非局の方にお問い合わせ頂ければ幸いです。ハイレゾ音源を真空管で聴く・・・以前にも申し上げましたが、これが今もっとも良い音で音楽を愉しむチケットだと信じています。今年の放送は明日のイブと大晦日の2回!どうぞおたのしみに!



by audiokaleidoscope | 2014-12-23 11:23 | オーディオ | Comments(0)

振り返った先の未来

皆さん、おはようございます。今週末で仕事納め、という方もかなりおられる事と思います。

私どもも会社的には26日(金)が最終出荷日で、受注,発送,技術の各担当業務は12/27(土)~1/5(月)までお休みを頂戴いたします。ただその間もメールについては定期的に確認していますし、郵便物やファックスについてもチェックをしてなるべく皆さんにご迷惑をおかけしないように例年同様対応します。

こういう忙しい時、期限が迫った案件が多くて少々苦しくて、以前の自分は何を考えどうしていたんだろう・・・とよく思います。その時々でどうやって急場を凌いだのか・・・過去の自分に訊くような気持で昔の手帳をパラパラと捲ってみると2002年12月21日には

MJ春のオーディオフェアの出展打診があったので資料を依頼したところ今日届いた。損保会館のすぐ近くのホテルで合同展をやる由。出展申込書をファックスした。真空管オーディオとの最大の違いは「聴く」ことに重点を置いていること。展示主体でなく試聴主体のフェアにしたいという主催者のコメントに好感。

と書いています。当時の記憶を手繰ってみるとオーディオイベントが秋に集中しているので、春にも何かやろうじゃないか!という触れ込みだったと思います。

当時の真空管オーディオフェアは確かに聴くというよりも見せることに重点が置かれていた(結果的にそうならざるを得なかった)というか、基本的に各出展社は自分のブースに製品を置いて、一日一回、別の階にあるイベントルームに鳴らしたいアンプを持っていって一回1時間弱のデモを帯状に順々にやっていくというスタイルでした。偶々2002年当時の写真が残っていたのでお目に掛けますと・・・
b0350085_05294890.jpg
準備風景です。基本的に大ホールに各メーカーが机2本程度のコーナーを作り、自社製品を展示します。この頃のキット屋は一人所帯。何から何まで一人でやっていたのでキツかったなあ(笑)。独りで撤収時の梱包などは見かねたお客さんが手伝ってくれたり・・・大変でしたが良い時代でした。

左上からSV-7(5球スーパーラジオ),SUPER SUB(6EM7pp),VP-mini88(KT88シングル),SV-3(プリアンプ),SV-6(フォノEQ)。下段左からSV-2PP(845トランスドライブモノPP),SV-2(845シングル),SUPER 8B(EL34PP),SV-86B(300BトランスドライブモノPP)です。一年で5~6機種をリリースしていましたね!
b0350085_05303427.jpg
フェア当日はこんな感じです。完全に芋を洗っています(笑)。各メーカーが自分のブースで音を出している訳ですが、少しでもお客さんに注目してもらおうと大きな音を出すと、お隣さんは更にビッグな音で・・・の応酬で会場は年末のスーパーの食品売り場以上の喧噪でした。とてもじっくり音を聴ける状態ではなかったのです。今気づきましたがヴァイオリンケースを肩に掛けているのはYさんですね!

・・・こんな感じで、聴けるイベントにしようという動きがフェア出展社のなかにもあったのは事実で、有志で春にもやろうじゃないか!というのがMJ春のオーディオフェアの出発だったと思います。残念ながら春のフェアは2003年,2004年の2回しか開催されなかったように思います。しかしこの主旨は今考えても素晴らしかったですし、オーディオの在り様から考えても正しかったと思います。

従って春のフェアがなくなった代わりに自分たち単独でも出来るかもしれない・・・という考えから始まったのが私ども単独の東京試聴会(2005年6月)へ繋がっていったという訳です。

今思い出しても懐かしいですね!こういうバタバタしている時ほど過去を振り返って今居る自分を見つめ直してみるのも良い事かもしれません。来し方から行く末が見えてくる、というか自分の原点が再発見できたような気がしました。



by audiokaleidoscope | 2014-12-22 05:06 | オーディオ | Comments(0)

JAZZチャンネル第三位

皆さん、おはようございます。昨日はMUSIC BIRDで「ハイレゾしばり」の収録でした。
b0350085_09274131.jpg
今回はキット屋ものがたりの続編です。これまで第1章「開業まで」,第2章「いきなりの挫折そして大逆転」,第3章「オリジナルアンプへの挑戦」,第4章「道場破り」,第5章「ネット参入」,第6章「或る演奏家からの苦言」というところまで放送されました。

今週の水曜(24日)が第7章「第二試聴室」で、12/31(水)は「e-onkyo年間ダウンロードチャート特番」を予定しています。

明けて2015年に入り1/7,14,21,28が4回連続企画。トライオードの山崎さんをゲストにお迎えして「サンバレーVSトライオード ガチンコ放談4回スペシャル」です。

2月から再びキット屋ものがたりがスタートし、第8章「巡業」,第9章「単独試聴会」まで昨日録ってきました。昨日伺ったところでは「ハイレゾしばり」はJAZZチャンネル中三位の人気ということで非常に光栄です。更にガンガン盛り上げていきたいと思います。

感想,要望等ありましたらリスナー専用メールohashi@musicbird.co.jpへご一報くださいね!



by audiokaleidoscope | 2014-12-21 09:26 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧