2017年 11月 30日 ( 2 )

(11/30_2)「真空管ファンもびっくり!オペアンプ総まくり比較試聴!!」

収録二本目(2/16オンエア)はオペアンプ(OPアンプ)比較試聴。MUSIC BIRD25年の歴史のなかでも初の快挙です。ゲストはJRC(新日本無線)のMさん。テーマは「真空管ファンもびっくり!オペアンプ総まくり比較試聴!!」

オペアンプは小さなモジュールにパッケージ化されたアンプを言い、主に小信号の増幅を目的として使用される汎用ICと申し上げると分かりやすいかもしれません。一般的なオーディオ機器には何らかの形でオペアンプが搭載されていると言っても過言ではなく私たちは日ごろから知らない間にオペアンプの音を聴いている訳ですが、最近流行のポタアン(ポータブルアンプ)やヘッドフォンアンプの音質向上の決め手としてオペアンプの交換ブームが巻き起こり、ここ数年は私たちが真空管を交換したりカップリングコンデンサーをアップグレードするようにオペアンプを換えて音の違いを楽しむ方が非常に増えてきています。

一方で古くから真空管アンプを愛用してきた人たちにとってオペアンプというのはあまり馴染みがありません。ディスクリート(ICのようにパッケージ化されず抵抗やコンデンサーなどのデバイス個別の部品を個別に組合わせて作成された回路)の文化で育ってきたということもありますし、ICのウエーハはシリコン(半導体)で出来ており信号経路もシリコンのため、より純度の高い銅線でシグナルパスが構成されるディスクリートよりも音質的に劣る…という神話めいた刷り込みもあってヘッドフォン回路等で一部オペアンプを使用することはあっても本線系で私どもの製品に搭載したことはありませんでした。

では今回なぜオペアンプの比較試聴をやってみようと思い立ったかというと今年の2月に販売開始されると同時にコラボモデルとして発売したTU-8150SVの初段にオペアンプが搭載されていて、これを交換することでアンプが別物になりますよ!とメーカーから情報が入ったから。12AX7-6V6の構成で不足するゲインを入力部にオペアンプを配置することでカバーするというのはエレキットならではの手法ですし、私自身は意図的にこの領域のお話は見て見ぬ振りをしてきた部分もあったのですが、食べず嫌いは良くないだろうと思いサンプルを入手。試してみたら或る意味、出力管を換えたりカップリングコンデンサーを換えると同じ位の変化が現れて誰よりも自分自身が一番驚いた!というのが本音でした。そこで急遽番組を企画し皆さんに実際の音の変化を聴いて頂こうと思い立った訳です。
b0350085_07584018.jpg
これがTU⁻8150の基板、右下の赤丸が今回のテーマである二回路(ステレオ)のオペアンプです。
b0350085_07583386.jpg
これが拡大した写真。デフォルトではJRC 4580が搭載されています。
b0350085_07573410.jpg
これを小さなピンセットでつまんで抜き差しすることで交換する訳です。ハンダづけ不要で即座に出来るのでオペアンプ交換人口が急激に増えていて特に若い方が多いというのは納得ですね。

今回用意したオペアンプは9種類。

JRC NJM4580DD(B) ¥25(市価)
JRC MUSES8820D(B) ¥400(市価)
TI/BB OPA2604AP(F) ¥450(市価)
JRC MUSES8920D(F) ¥480(市価)
TI/BB OPA2107AP(F) ¥1,450(市価)
JRC MUSES01D(F) ¥3, 500(市価)
JRC MUSES02D(B) ¥3,400(市価)
TI/BB OPA637AP(F) ¥2, 400×2(市価)
JRC MUSES03D(F) ¥2, 500×2(市価)
b0350085_07581224.jpg
JRCとテキサス・インストルメンツ(バーブラウン)の対決という様相になりました。あと覚えておくといいのはオペアンプにはバイポーラ(トランジスタ)と入力部がFETの2タイプに大別でき、音質傾向も異なることでしょう。上記品番の後に(B)と書いてあるのはバイポーラ,(F)はFET入力の略です。極めて大雑把に言うとバイポーラは力感があり音像的、FETは繊細で響き豊かな表現と言えることが今回の総まくりテストで明らかになっていきます。

因みに上の写真の右二つは参考出品でMさんが持ってきてくださったもの。通常2回路のオペアンプを使うところ、アダプターを介して1回路のオペアンプを二個搭載するというJRC VS TI/BBの”頂上決戦”も実施されました。アンプで云えばステレオに対してデュアルモノーラル。①~⑨まで換えるたびにドンドン音が変わり、価格があがるごとに音の品位が向上する様子を是非多くの方に体験して頂きたいと思います。

テストソースは二種類。
b0350085_08584353.jpg
b0350085_09080606.jpg

いずれも音質確認に最適なオーディオマニア必携の2枚を用意しました。大きく言うとJRCは極めてリニアリティが高く癖のなさが魅力。バーブラウンは低域の量感があって中域の上(2kHz~5kHzあたり)のレスポンスを僅かに落として高域のニュアンスを際立出せているような意図を感じました。

圧巻はJRCのオーディオ向けシリーズ”MUSES”の01~03。個人的には真空管アンプの本線系にはFET入力の01が大変気に入りました。Tさんは収録後すぐに秋葉原に走ってMUSES03を買いに走ったそう(笑)。実際量産機のハイエンドものでも⑤以降を使っているのは稀で特に⑥以降のオペアンプを使っているのはプレミアムグレードの製品に限られます。それを精々数千円で私たち自身が交換して音を楽しめるというのはある意味極めて痛快なこと。収録中にも三人で”これは間違いなく流行るね!”と言っていましたが、それくらいの変化量のあった実験でした。

今回の収録を通じて私としてはこの音の変化を多くの真空管アンプユーザーとも共有したいという想いに駆られました。数量は限られますがTU-8150SVをご購入のお客様にMUSES01辺りを無料でお付けするようなことが出来ないか…なんて考えています。それほどの気づきを与えてくれたオペアンプ。スペシャルゲストのMさんには心より御礼を申し上げたいと思います。
b0350085_07585218.jpg









by audiokaleidoscope | 2017-11-30 23:59 | オーディオ | Comments(0)

(11/30_1)「これで納得! MMカートリッジ完全制覇!」

駆け足で三日間東京でお仕事。将来の為の種まきあり、仲間との情報交換あり、収録あり…と盛り沢山で現時点ではお知らせ出来ない事もある訳ですが、今回のMUSIC BIRDの収録の内容は是非報告しておきたいと思います。

今回も二本録り。一本目は2/2(金)オンエアの「これで納得! MMカートリッジ完全制覇!」
b0350085_23251438.jpg
オルトフォン,オーディオテクニカの現行モデル各3種,ゲストのTさん愛用のシュア3種の合計9種類のMM(VM)カートリッジを一挙比較試聴です。
b0350085_23252125.jpg
フォノイコライザーはSV-310EQ。リファレンスソースはウイリアムス浩子のMY ROOM the LP vol.1から”Like A Lover”とMIXER’S LAB SOUND SERIES VOL.1から”マンテカ”というオーディオファイル必携のテッパンソースをチョイス。微妙なニュアンスの差までしっかりオンエアで聴き取って頂けるよう、最大限の準備をしました。

聴いたカートリッジは価格順で

SHURE M44-7 オープン ¥7,500前後
オルトフォン 2M Red ¥13,000(税別)
オーディオテクニカ VM520EB \16,000(税別)
SHURE M97xE オープン ¥ 17,000前後
オーディオテクニカ VM530EN \23,000(税別)
オーディオテクニカ VM540ML \32,000(税別)
SHURE v15 type IV \40,000前後(1980年頃の定価)
オルトフォン 2M Bronze ¥45,000(税別)
オルトフォン 2M Black ¥78,000(税別)

非常に興味深かったのはカートリッジにも明らかなブランドの音というか特徴があること。極めて大雑把に言うとSHUREは音像的でガッツある表現、オーディオテクニカは高域に独特の明るさがあり、オルトフォンは低域の量感と繊細な高域が印象的でした。針形状も丸針,楕円針,ラインコンタクト針,シバタ針とバリエーション豊かでそのニュアンスの差もしっかり出たプログラムになりました。

丸針=エントリーモデルに多い。中低域に安定感あり。
楕円針=高域特性がよくハイファイな表現。
ラインコンタクト針=ワイドレンジで摩耗しにくく長寿命。

大きく言うとこういう傾向がある訳ですが、一方でMM=入門者向け=音質的にMCに劣る…という先入観をもっている方もおられるかもしれませんが、価格的にMCと拮抗するクラスになってくると非常に優れた音を聴かせてくれるモデルが続々と出てきました。今回聴いた感じでは中級クラスのモデルの音の良さが非常に印象的でした。具体的にはテクニカ VM530EN,オルトフォン 2M Bronzeは上位モデルに劣らない音で素晴らしかったという印象。Tさんも私もMMカートリッジに対するイメージが大きく変わった2時間になりました。全てのアナログファン必聴のプログラムです!!



by audiokaleidoscope | 2017-11-30 23:15 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧