2017年 09月 05日 ( 2 )

(9/5)真知亜さんの演奏会~ちょっとだけ動画あり~

思いがけず良いことがあると本当に嬉しいもの。昨日のLPに続き今日も嬉しいことが…。クラシックが好きな方は齋藤真知亜さんのことをきっとご存じの筈。日曜夜のEテレ「クラシック音楽館」でほぼ毎回お出ましの素敵なヴァイオリニストです。SV-722(マッキン)をお使いでパワーアンプは本家マッキンMC240…そうオーディオも大好きなお方。

その真知亜さんから今日戴いたDVD。6月の白寿ホール(東京)で行われた”Dialogue #5”のライブです。
b0350085_20441306.jpg
このDVDは非売品ですが、真知亜さんから外に出してもOKですよ!とお許しを頂いたので期間限定でちょっとだけご覧ください。美しく心に沁みる音色がとても素晴らしいです!

ダウンロードリンク

真知亜さんはハイレゾにも積極的に取り組んでおられ、私も番組で掛けさせて頂いたことがあります。この新譜はワンポイント録音で知られるマイスターミュージックからリリースされていて高音質盤として様々なメディアに取り上げられたので既にお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。
b0350085_20552594.jpg

モーツァルト:レクイエム弦楽四重奏版/マティアス・ストリングス


またいつか、サンバレーの試聴会などで真知亜さんのミニリサイタル…なんて出来たら素敵ですね。音楽家とオーディオがこんなに近いのも真空管アンプならでは…なのかもしれません。本当に嬉しいことです。





by audiokaleidoscope | 2017-09-05 21:07 | オーディオ | Comments(0)

(9/4)ミキサーズ・ラボ超絶の新譜を聴く!

今日届いたサンプル盤。最高の環境のなかで最高の匠によって生み出された…まさしく最高のサウンドと呼べる逸品。
b0350085_23281798.jpg
b0350085_23284752.jpg

レジェンド内沼映二さん(ミキサーズ・ラボ会長)と北村 勝敏さん(ミキサーズ・ラボ カッティング エンジニア)が手掛けた「究極のアナログサウンド」と聞けば全てのオーディオファンの触手が動かない訳がありませんが、個人的にはもう一つ…7月の内覧会に伺ったMIXER'S LAB/WARNER MUSIC MATERING初の量産音源だったからです。あの夢のような環境から生まれた音をしっかり耳に刻み込みたい…そういう想いから早速針を下して聴いてみました。

再生環境は

ターンテーブル:試作
カートリッジ: Ortofon SPU #1
フォノEQ : SV-310EQ
プリアンプ:SV-310
パワーアンプ:SV-91B


音を聴いていると、もう居ても立ってもいられない!この音をどうしてもオーディオファンの皆さんと共有したい!…そこで「真空管・オーディオ大放談」と同じ手法で91Bの出力をダミーロード経由でPCMレコーダーに入力し音を録ってみました。


(注記:動画には著作権で保護されたコンテンツが使用されています。申立人はYouTube動画でのコンテンツの使用を許可していますが、広告が表示されることがあります。視聴制限なし)

b0350085_00203691.jpg
これはスペクトラムアナライザー画面は演奏が始まる前のリードイン部のF特をグラフ化したもの。この無音部を解析することで大体の音作りの肝が見えるものですが、なんとまあ美しいリニアリティ。取り込みレートは192kHz/24bitで行いましたが、グラフからも96kHzまでシームレスにレスポンスがあることが一目瞭然です。

このアルバムは2枚組で180g盤。ステレオサウンドオンラインで購入可能で9/7から出荷開始予定。ライナーノーツも公開されています。レコーディングに興味ある方にとっては必読の内容です。

内沼さんライナー
北村さんライナー

このパワー感。この情報量。アナログサウンドが今なぜ見直されているか…その答えがこの2枚組LPに凝縮されていると言っても決して過言ではありません。是非聴いてみて下さい!!







by audiokaleidoscope | 2017-09-05 00:12 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧