2015年 07月 01日 ( 1 )

(7/1)バド・パウエルの魅力に迫る

皆さん、こんにちは。

昨日はうって変わってビジュアル系ロックバンドのツアーに合流。リードギターKさんのMarshall(ギターアンプ)のチューニングをさせて頂いている関係で、名古屋の本番はいつもお邪魔させて頂いています。Kさんの好みもあって電圧増幅段のゲインが稼げ、かつエッジがクリアで遠鳴り(音飛びが良いこと)のする真空管をセレクトしています。

これはリードギターのソロプレイを際立たせる為に極めて重要なことですが、宿命的に自分の出音を客席で聴くことが出来ないプレーヤーに代わり、毎回一番後ろから出音を確認させているような状況です。前にも書いたことですがライブサウンドは”ラウド(大音量)であるほどクリーンでなければならない”のです。

昨日はレコーディング用のスペシャルセレクト球としてMullard CV4004/ECC83をお持ちしました。上述の通りライブでは”飛びの良さ”が重視されるのに対し、レコーディングでは密度感ち粒立ちの細やかさが非常に重要です。自分の音に極めてシビアなギタリストが勢い活路をNOS(ヴィンテージ)球に求めるのは、家庭用オーディオ機器と全く同じです。一昨日,昨日と続けて深夜まで音楽談義に華咲いた、とても楽しい2日間でした。クラシック,ジャズ,ロック…音楽に垣根はありません。

転じて今日は来月の「ようこそ!オーディオルーム」のネタ決め。色々と考えて”ピアノトリオの祖”バド・パウエル(Bud Powell)をテーマとすることに…。今回のゲストは半年ぶりの”グッド・ベイト”神谷マスターです!昨年の年末ナマ特番をご記憶の方も多いと思いますが、今回も深い薀蓄と楽しい会話をお届け出来れば幸いです。
b0350085_16492629.jpg
マスターに相談して時系列順に12枚のLPをチョイスしました。ピアノ・ジャズのレジェンドが今なお多くの音楽ファンに愛される理由は何か…今回はSV-8800SEを駆使して収録に臨みます。どうぞ放送(前編:7/4土曜日22時~23時,後編:7/18同時間帯)をお楽しみに!
b0350085_16555512.jpg





by audiokaleidoscope | 2015-07-01 17:11 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧