(11/18_2)薫りの違い

先ほど続きのようなポストになりますが、ショールーム開放日を終えてダッシュで東京へ。目的地は世田谷。内容は新製品発表会…でもオーディオ機器ではありません。
b0350085_13495180.jpg


SINGLE MALT SCOTCH WHISKY
GLENROTHES Distllery
DISTILLED 1997, BOTTLED 2017,...

AGE 19 YEARS
CASK TYPE : SHERRY BUTT


そう、ウイスキー。いわゆるウイスキー的なラベルとは風情が異なる19年モノで、ラベルの写真を撮ったのが平間至さん。このイベントのコンテンツのなかに”ウイスキーと音楽を楽しむ”があって平間さんからウチのアンプを使いたいと連絡があったので何はともあれ現場に駆け付けたという訳です。

b0350085_08223291.jpg
ここが会場。トーク&試飲のイベントでたくさんの方が会場にいらっしゃって盛り上がりました。開場後すぐに満員になってしまって良い写真が撮れませんでしたので、客入れ前の状況を少し…。
b0350085_08230727.jpg
b0350085_08233784.jpg
アンプはSV-2(2010)で出力管は845。ドライブはKT88でスピーカーはQacoustic…等のコメントや説明が一切通用しない世界。音そのもので何かを伝えることが必要な空間。

話は戻ってこのシングルモルト。酒には疎い私でも普通のウイスキーでないことは直ぐに分かりました。詳しいことは全く分かりませんが何しろ薫りが素晴らしい!平間さんがラベルの写真を撮った時に”木の薫りがする”ことにインスパイアされてあのラベルになった…的なことを言っておられましたが、まさにそんな感じの素晴らしい芳香です。お酒のことは知らなくてもこの個性が伝わるようにウチのアンプもプレゼンスを発揮出来たようで、皆さんグラスと真空管を重ね合わせてスマホで写真を撮ったり。結構インスタ映えしたかも…しれません(笑)。
b0350085_08240629.jpg
何十という銘柄のなかから自分に合った味わいをみつける過程はまさに真空管アンプとの戯れに似てるなあ…そんな事を感じながら過ごさせて頂いたひと時だった訳ですが、新しいご縁を頂いたり、業界の仲間が会場に訪ねてくれたりしてとても楽しい異業種コラボでした。明日は朝から秋葉で特注パーツ&タマ探しです。





by audiokaleidoscope | 2017-11-18 04:19 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧