(5/30)深センから佛山へ

中国2日目は今回のメインテーマの一つ、Reference35の受入れ検査。日本にシップする前に数十項目に亘りチェックし、要求仕様に合致しているかを確認する重要な作業です。一旦船に載せてしまったが最後、あとで困るのはお客さんな訳ですから、万一不具合があればこの段階で全て是正しておかなくてはなりません。
b0350085_08033389.jpg
会議室に持ちこまれた抜き取りサンプル。外観はもちろん測定データ,ネットワーク,機構部品,表示関係も全て確認します。この工場は欧米の名だたるハイエンドブランドの製品を一気に引き受けている信頼できる相手であることは重々理解しながらも私にとっては初めてモノづくりを託する相手。先方の社長から”どうしてそこまで訊くんですか?”と言われるほど突っ込んだ内容にまで踏み込みました。
b0350085_08033363.jpg
Referense35用にリファインした社名の銘版。エンクロージャー,サランネットとのマッチングもよく、イメージ通りで気に入りました。
b0350085_08033302.jpg
ソフトドームのツィーター,ポリプロピレンのウーハーも要求仕様通りに量産されていてひと安心。
b0350085_08033328.jpg
背面ターミナル部。太いスピーカーケーブルもガッチリ受け止める大型タイプ。容易にパッシブバイアンプに発展出来るようにバイワイヤリング仕様になっています。シリアルナンバーと測定データを一対一で紐付けて販売後のサポートにも万全を期しています。
b0350085_08033443.jpg
これがネットワーク。能率は決して高くないユニットですが、ネットワークをなるべくシンプルにして真空管アンプでもドライブし易く工夫しています。

製品検品が終わり、続いては工程確認。モノづくりがどのように行われたかを丹念に見て回ります。機密的に問題ない部分のみご紹介していきます。
b0350085_08033424.jpg
ユニット組付ライン。この工場月産10万個という製造規模を誇り、各国のOEMを受託しているだけあってラインもスタッフの動きも整然としています。
b0350085_08033403.jpg
これは某ブランドのウーハー製造工程。人によるバラツキを如何に抑えながらも最終的に人の感覚で厳しくチェックする両輪が重要と説明を受けました。
b0350085_08033467.jpg
目ざとい人はこのノンプレスコーンを見ればどこのブランドか分かるかもしれませんね。5㎝のフルレンジから53㎝のサブウーハーまであらゆるユニットが日々生産されています。
b0350085_08033429.jpg
これは組み上がったユニットの検査工程。予め決められた閾値に収まっているか全数チェックしています。
b0350085_08065722.jpg
画面にGOODが出れば合格。かなり長い間見ていたのですがBADは一度も出ませんでした。
b0350085_08065731.jpg
出荷を待つReference35。様々なプロセスを経て一年がかりで出来上がった文字通り私どもの小型リファレンスモデルです。6月下旬には発送が出来る見込み。

かなり張りつめた雰囲気のなかで行われた検品作業が終わり出荷承認を出して工場の関係者と昼食。連れていって頂いたのが上島珈琲って…(笑)。ブランドはなぜかUBCという。中国版高級カフェという雰囲気。
b0350085_08065752.jpg
昼食を終えチャーターした車で一行は深センから佛山へ。高速道路網が整備されて車での移動も10年前と比べて非常に便利になりました。
b0350085_08065778.jpg
佛山は歴史ある街。旧き良き中国の佇まいがそこかしこに残っている個人的にも好きな街のひとつです。高速道路から見える風景もどこか懐かしさがあります。
b0350085_08065716.jpg
これはSAのコンビニでゲットした謎のスナック。味はビミョー(笑)。
b0350085_08065782.jpg
車が広州市街に差し掛かるとこんな建物が。金色に燦然と輝く”銭形”の巨大なビル。ドライバーさんによれば中国大手の投資会社の建物だとか。分かりやすい(笑)。
b0350085_08065719.jpg
3時間強の移動のすえ、佛山の常宿へ到着したのは陽も落ちかける頃。
b0350085_08065879.jpg
b0350085_08065852.jpg
ちょっと中国伝統工芸のお店を見学。木彫りの調度品は見事という他ない素晴らしさ。佛山は繊細な木工製品の産地でもあります。こういうモノを眺めていると合理的大量生産の一方でこういう伝統的な技術もしっかりと残してほしいものだと強く感じます。
b0350085_08033320.jpg
長い一日が終わって今日の夕食。中国は巨大な国家だけあって地域によって味付けにバリエーションがあります。今回は中国東北料理のお店をチョイス。4人でたらふく食べて飲んで約4000円という安さでした。

明日は午前中佛山の工場で打ち合わせをして午後、最後の目的地である珠海へ向かいます。珠海ではJB-320LMの製品検査が今まさに進んでいるところ。今回の出張もいよいよ佳境にさしかかってきました。気を抜かずに最後までやるべきことをやり遂げてこようと思っています。



by audiokaleidoscope | 2016-05-31 02:01 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧