(8/30)全員完成!

皆さん、こんにちは。昨日撮れなかった工程の写真を何枚か…。
b0350085_10044600.jpg
基板が完成後、シャーシに実装します。そして渡り配線。
b0350085_10152281.jpg
このようにリードを平たいペンチで支えてあげるとキレイにハンダづけ出来ます。今回皆さん、良い工具をお持ちでちょっと驚きました。良い仕事は良い道具から、ですね。
b0350085_10541426.jpg
渡り配線が終わると、真空管を挿入し、いよいよ電圧測定です。人間でいえば血圧を測るようなもの。正しい電圧が出ているということは、真空管に適切なエネルギーが供給されていることが客観的に証明される訳で、これをせずに組立が完了したとは言えません。600V耐圧程度のデジタルテスターがあれば大半のアンプの測定が可能です。
b0350085_10540740.jpg
測定電圧は記録しておくと後々便利です。
b0350085_14064462.jpg
Tさん、初めての真空管アンプ製作、お疲れさまでした!
b0350085_14062771.jpg
Jさん、細心の注意を払い納得のモノづくりが出来たようですね!

…という訳で楽しかった一日半のアンプ製作会も終わってしまいました。東京では初めての企画でありましたが、皆さんのモノづくりをずっと拝見していて幾つか重要な発見がありました。

作り手である私たちにとってアンプの内容や製作難易度は当然頭に入っています。しかし、今回で言えばJB-320LMが基板アンプで、トランス等の重量部品やヴォリューム,入力セレクター,スピーカーターミナル等の機構部品も予め取付られていて、電源部,高圧部までは組んだ状態で提供させて頂いている…そういう最も基本的な情報が充分お伝え出来ていないという事実…今回JB-320LMの購入をいただいて、製作会にご参加頂いた方ですら、”バラバラのキットかと思ってました”と仰るということは、多くの方にその辺の難易度、工数イメージが充分にお伝え出来ていないということを真摯に反省し、何らかの形でキチンとお伝えすべきであろうと強く思いました。

あとは初めての方でも”やってみれば出来るじゃん!”という安心感、言い換えればもっとハードルを下げる事が求められていることも、完成後の皆さんの穏やかな笑顔を拝見し、改めて教えて頂いた気がします。全員の方がノーミスで出来たことが何より嬉しかったです。

オーディオに限らず最近は”弄る(いじる)楽しさ”を体験できる趣味が段々と少なくなってきたというお話をよく伺います。バイクやカメラもしかり…誰でも知識がなくとも使えることが当たり前の世の中で、モノを触り、慈しむマインドが希薄になっているような不安を感じます。

大量に生産し、大量に消費し、結果的に大量に廃棄することで循環している世の中の片隅で、こんな趣味が一つぐらい残っても良い…今回参加された方は勿論、これまで皆さんに手がけて頂いたキットは全て自分の分身のようなものであり、オンリーワンの存在である訳で、”キング・オブ・ホビー”と言われるこの素晴らしき趣味の世界で仕事をさせて頂いていることを改めて大変誇りに思いました。

”こんな風に一つ一つアドバイスを貰えるなんて滅多にない機会ですからね”とも仰って頂きましたが、こちらこそ、作り手であるお客さまの生の声をダイレクトに聞かせて頂いて、今回は本当にやってよかったな!と思いました。是非またやらせて頂こうと思いました。どうも有難うございました!

私はこれから半蔵門へ移動して、明日の収録の準備です。今回のゲストはレコーディングエンジニア界の超大物と人気女性ヴォーカリスト。頑張らねば!



Commented by takaki at 2017-11-19 10:13 x
RCA 2A3とCetron 300Bを入手したのでJB-320LMを試してみようかと思案中です。40年前の森川EL156PPと上杉KT88PPのマルチチャンネルの高音用に使ってみたいと考えています。2015年8月号のMJの記事を読みポチリ寸前です。
Commented by audiokaleidoscope at 2017-11-28 09:34
ご連絡有難うございます。頂戴したコメントを見逃しておりまして大変申し訳ございませんでした!セトロン300BとRCA2A3とは凄いですね!セトロン300Bは或る意味WE300B以上の繊細感で通好みの音色です。RCA2A3は一枚プレート(初期型)と二枚プレート(H型)で音色が異なりますがガス燈を点したような枯淡の境地は唯一無二の存在です。ぜひJB320LMで双方の素晴らしさを満喫下さい!有難うございました。
by audiokaleidoscope | 2015-08-30 12:47 | オーディオ | Comments(2)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧