(5/9)TANNOY IIILZはいかが?

皆さん、こんにちは。今日は会社で独り作業しながら良い音でピアノトリオを楽しんでいます。

というのもSさんのTANNOY IIILZを鳴らしているから。キット屋のお客さんで欲しい方がいたら…というお話を頂いて暫くお預かりすることにしたです。今まで沢山のIIILZを聴いてきましたし、私どもから何度もお嫁入りさせましたが、今まで一番程度が良い個体と言ってもいい極上品です。
b0350085_14050101.jpg
シリアル138885/138949。ユニットはLSU/HF/3LZG/8U…いわゆる”Monitor Gold IIILZ”です。IIILZは’67年~’74年(頃)の製造の筈ですが、ロットナンバーからかなり後期の品物ではないかと想像されます。珍しいのはネットワークのツマミが白いこと。今まで見てきたIIILZのネットワークツマミは全て黒でしたので、かなりの珍品といえるかもしれません。

ユニットを拝みたい気持ちもありましたが、リアバッフルをみると或いは一度も木ねじを外した様子がないようにも見えますので、ここはグッと我慢します。
b0350085_14050714.jpg
b0350085_14051234.jpg
殆ど傷もなくサランネットに綻びもない非常に綺麗な個体です。
b0350085_14051791.jpg
IIILZの音はいわゆる”タンノイらしさ”とは少しベクトルの異なる”いぶし銀”的な鳴り様でクラシックは勿論、ジャズも小気味よく鳴らしてくれます。室内楽の端正さやピアノの凛とした響きは絶品です。

このクラスの出物になりますとペア30万(以上)が相場だと思いますが、Sさんによれば直接(当社を経由せずに)○○万(追記:売買成立いたしましたので価格は伏せさせていただきました)で…と仰っています。Sさんは信頼の出来る方ですので、私も安心してお奨めします。

家でIIILZを小粋に鳴らしてみたいなぁ…という方がおられましたら大橋あてメール下さい…というお知らせでした。

(追記)アップ後20分で売約!すごいです!!




by audiokaleidoscope | 2015-05-09 14:50 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧