SV-A1/A2について

皆さん、おはようございます。今日,明日と関係者対象の展示会出展です。メールは時々見られると思いますので、何かあればいつでもご連絡下さい。

メールで思い出しましたが、最近「SV-A1/A2は再販売しないの?」というお問い合わせを立て続けに頂いています。
b0350085_06101467.jpg
SV-A1(シングルアーム),A2(ツインアーム)は私ども初となるターンテーブルでした。発売当時のコメントでは

遂に私どもが夢にまで描いたベルトドライブ方式のアナログプレーヤの登場です!海外某ハイエンドターンテーブル向けのアームとDCモータを弊社仕様にリファインして満を持してご案内させて頂きます。

ベルトドライブのポイントとなるプラッタはアクリルの精密削り出し品を採用。スピンドル,軸受けはカジノ用のルーレット製造メーカに特注致しました。ベルトは最も劣化の少ないネオプレンゴム(ウエットスーツなどに使用される素材)を使い長期のご使用に充分耐えうるものとなっております。またこのゴムは金型を起こして製造されておりますので継ぎ目がなく、超低ワウフラッタのDCモータと相まって極めて滑らかで高いSNをお約束するものです。

ベース部はMDFに木目調ツキ板仕上げを施したもので、所謂「ハコ型」ベースと比べ高い耐振動性を確保すると同時にシビアな水平調節が可能な金属製のスパイクインシュレータを標準装備(3点支持)。モータも同様のスパイク支持方式(3点支持と4点支持が選択可)となっております。アームにはカートリッジ重量に幅広く対応するため、二種類のバランスウェイトが標準で付属しております。オルトフォンSPUもシェルを外して専用アダプタをお使い頂ければ本アームに取り付けて頂くことが可能です。

また正確なインサイドフォースを得る為、吊りウェイトはアーム1本に対し3種類標準装備となっております。シングルアーム仕様も後日販売予定のオプションアーム(標準アームと同一品)を付ければそのままツインアーム仕様への変更も可能です。

お勧めオプション : 専用アクリルカバー


・・・という文言が残されており、当時の私どもの気合いが垣間見えます。

勿論SV-A1/A2は限定品でなく継続品番として本来は現在も販売されているべきものでした。しかし今はラインナップされておりません。この経緯は個別にお問い合わせ頂いた方にはメールで回答申し上げていましたが、旧店主日記を閉じていた間に起こったことでしたので、このような形で報告させて頂くのは初めてかもしれません。

SV-A1/A2は元々ドイツの某高級ブランドのターンテーブルのOEMを担当していたメーカーに発注していたものです。当時の方針としては既存モデルをモディファイして当社モデルにするというものでしたが、様々な小変更を重ねるなかでオリジナルモデルとして仕様決定いたしました。

生産そのものは極めて順調で、発注ロットが大きく大変だったものの販売が極めて好調であったことから私どもの基幹製品の一つとして定着しつつあった、その矢先に調達先のオーディオ事業撤退が突如アナウンスされたのはまさに青天の霹靂でした。

経営的には極めて順調であった筈の調達先が何故?・・・ということで即調査に入ったのですが、その理由は意外なものでした。「本業が忙しくなって人員,インフラ,資金を集中せざるを得ない状態」・・・当時の業務ノートにはそう書かれています。私自身は現地メーカーに訪問したことはないのですが、担当によれば本業は農耕器具メーカーで、恐らくは会社トップの趣味が昂じてオーディオ事業を・・・という状況だったのですが、本業が忙し過ぎて趣味に現(うつつ)を抜かしていられない、ということだったのかもしれません。

しかしながら私どもにとってはその副業が社運を賭けた本業だった訳で、何度も生産の継続について打診したのですが結局NG。幸いベルト,アーム,モーター等の主要パーツ/ユニットについて補給パーツを保有していたので、アフターサービスについては問題ないものの、いずれにしてもSV-A1/A2の歴史は潰えた訳で、返す返すも残念でなりません。

あれから代替モデルの開発を念頭に様々な情報収集を行っておりますが、今のところピンと来ると言いますか、コレ!という物に出会っていませんが、今後も引き続き良い提携先を探していきたいと思います。

200万,300万・・・というターンテーブルメーカーは結構あるのですが、これが10万,20万というとナカナカ・・・。SV-A1/A2の後継機に相応しいモデルを開発出来る日が早く来るよう、頑張りたいと思っています。



Commented at 2014-12-03 09:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by audiokaleidoscope at 2014-12-06 17:40
加用さん、コメント有難うございます!
モノ針も最高ですね。
是非アナログプレーヤーを復活させてラインナップを充実させたいものです!
Commented at 2015-08-29 15:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うるふ at 2017-08-16 16:19 x
レコードを聴くようになり、
ダブルアームの美しいレコードプレーヤーがないものかと探していたところ、
サンバレーのSV-A2をネットで見つけました。
レコードが復活した今、このような美しく機能的で手の届く商品がなくなってしまったことが
残念でなりません。これからもレコードのように復活してくれることを願っています。
Commented by audiokaleidoscope at 2017-08-18 07:59
> うるふさん
大橋です。ご連絡有難うございます。SV-A1/A2は製造元のオーディオ事業撤退で已む無く製造中止となりました。現在も新機種開発に向け奮闘中です。時間はかかるかもしれませんがあきらめずに頑張っていきますので!
Commented by 橘 麻帆 at 2017-09-11 10:25 x
大橋様 
初めてお便りいたします   7年ほど前より貴社の192sを愛用しています 本当に素晴らしくてそのざっくりとしたテクスチャー感を大切にする方向で使わしていただきました
今回悪い心がもたげてしまいました カヴァーを開けて電源トランスより出ている配線をデジタル系アナログ系と分けてみました
それによる変化は微妙なものではなく驚きました まだ最適な固定方法は確定いたしておりませんがやはりDACはアナログなのだとつくづくと感じました
192sは素晴らしいと思いますがさらに電源部が強化されたDACを出していただければと夢想しております
           
Commented by audiokaleidoscope at 2017-09-21 13:26
> 橘 麻帆さん
コメントを頂戴しているのを見過ごしまして失礼しました!SV-192Sをご愛用頂き有難うございます。デジタル/アナログの電源を分離されたんですね。すごいです。最近のDACはどうもレート重視で音質(ねいろ)が軽視されているように思えるものもあったりして、これからの状況をを注視しているところです。実際768k/24bitとSV-192PROの192k/24bitをMUSIC BIRDでブラインドホールドしたことがあるんですが、結果は…決してデータを聴いているのではないということが明白になりました。技術と感性の両輪、実に難しいテーマです!
by audiokaleidoscope | 2014-12-03 04:26 | オーディオ | Comments(7)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧