急告! TU-8300Rsv発売です。

皆さん、こんにちは。

フェア準備が佳境に入って参りまして、生活のリズムが乱れ、ブログアップの時間帯が一定にならず申し訳ありません。今日はフェアに出品する製品のうち今回が初出品となる3品目の製品写真(正式版)が上がってきましたので、ご覧頂きたいと思います。
b0350085_07403334.jpg
JB-320LM

JB-320LMは外見的にSV-2300LMのシングルバージョンのようにも見えますが、旧JB300B,JB2A3の後継モデル応に相応しい抜けの良さと音色の明るさを狙ったニューモデルです。回路的ポイントは旧JBから受け継いだパワー管ドライブで、これにより出力管をフルスイングし、実出力を遥かに超える高いドライブ力を得ています。またドライバー管も6V6,6L6,EL34からお好みの球を選択可能です。

その他、注目頂きたいのがNFB可変機能です。私どもの量産機では初採用の機能でフィードバック量を変化させることにより、音色を最適化することが可能です。


形式:300B/2A3コンパチブルシングルプリメイン
初段管:6C6(310A変更可能)※製作時に決定
ドライバー管:6V6(6L6,EL34使用可能)※無調整
出力8W+8W(300B),4W+4W(2A3)
出力管:300B(2A3使用可能)※シャーシ上面SWにて選択
整流管:5U4G(5R4系使用可能)
入力4系統(入力4:パワーアンプダイレクト)
NFB可変(3段階)機能
配線:プリント基板
サイズ:W350×D280×H220(mm)
重量:21kg
価格:未定

b0350085_07405558.jpg
銀箱mini

ヴィンテージスピーカーをお使いの方は「銀箱」といえばALTEC LANSINGの「612」エンクロージャーの素晴らしいハンマートーン塗装を思い出される方も多いのではないでしょうか。

「銀箱mini」はその質感そのままに10cmフルレンジスピーカーシステムとして開発されました。綿密なポートチューニングにより、サイズを越えた堂々とした量感とフルレンジユニットならではのスピード感をお楽しみ頂けるスーパーサブシステムです。

エンクロージャー:フロントバスレフ方式
塗装:シルバーハンマートーン塗装
スピーカーユニット: EV 205-8A
許容入力 : music 10W
インピーダンス :8オーム
再生周波数帯域 :80Hz~13,000Hz
感度 :91dB/w/m
サイズ :W210× H310× D205 (mm)
重量 :2.7Kg(1台、SPユニット含む)
価格:84,240円(2台1組) 税・送料含む

b0350085_07410856.jpg
618C type

618C typeは元々或るマニアの特注モデルとして製造したものですが、それがフルレンジ愛好家の皆さんの間で話題となり、このたび「WE指定8インチ標準箱 」のグレードアップモデルとして正式に販売させて頂くこととなりました。

標準箱の端正でストレートな音色とは一線を画す豊かな響きと低域の量感を是非お楽しみ下さい。オーディオスピーカーの「鮒に始まり鮒に終わる」はフルレンジにあり!という方に最適なスピーカーシステムの誕生です!


エンクロージャー:米松合板、裏面スリット方式
塗装:ウレタンニス塗装(メープルカラー)
スピーカーユニット: LM 755A
許容入力 :music 12W, max 15W
インピーダンス :4Ω
再生周波数帯域 :70Hz~13,000Hz
感度 :90dB/w/m
サイズ :w420×H550×D230(天板)D330(底板)mm
重量 8.7kg(スピーカーユニット含む)
価格:216,000円(2台1組) LM755Aならびに税・送料含む

次に重要なお知らせがあります。昨日既にエレキットから発表がありました「TU-8300R」の再発売についてご存じの方も多いと思います。「TU-LAB」という愛称でキット屋のお客様にも大人気でした。自社製品中心の私どもの販売形態のなかで過去断トツの出荷を記録したのが前身TU-8300でした。

b0350085_10575038.jpg
掲載許諾:イーケイジャパン

実は私どもではTU-8300R再デビューに合わせ、出力管(300B)レスのOEMモデル「TU-8300Rsv」を発売させて頂きます。詳細はこちらをご参照頂ければ幸いです。300Bの有無以外は全て共通です。

TU-8300Rsvは限定生産品(一回限り)に加え、かなりの人気商品となる可能性がありますので、予約順の受付とさせて頂きます。今週金曜日(10/10)20時~ホームページで受付開始させて頂きます。早期に完売となる可能性もありますので、お早目のチェックをお願いします。

納期は11月中旬の見込みです。どうぞお楽しみに!

by audiokaleidoscope | 2014-10-07 07:15 | オーディオ | Comments(0)

本ブログ掲載内容は私人の見解であり、(株)サンバレー(ザ・キット屋)の立場,戦略,意見を代表するものではありません。


by Ohashi
プロフィールを見る
画像一覧